大学生の4人に1人が「平均」の意味を判っていない亡国ニッポン

nakajima20190402-e
 

大学生の1/4が「平均」の意味をきちんと理解していないという記事が話題となっています。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では、著者で世界的エンジニアの中島聡さんがそんな記事を取り上げつつ、「数字に弱い人」を食いものにするかのような商品を堂々と売る日本の銀行や証券会社に対して、批判的な視線を向けています。

※ 本記事は有料メルマガ『週刊 Life is beautiful』2019年4月2日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール中島聡なかじまさとし
ブロガー/起業家/ソフトウェア・エンジニア、工学修士(早稲田大学)/MBA(ワシントン大学)。NTT通信研究所/マイクロソフト日本法人/マイクロソフト本社勤務後、ソフトウェアベンチャーUIEvolution Inc.を米国シアトルで起業。現在は neu.Pen LLCでiPhone/iPadアプリの開発。

私の目に止まった記事

大人の皆さん、「平均」の意味ちゃんと分かってますか? 大学生の4人に1人が間違えた“小6レベルの算数問題”

平均の意味がちゃんと分かっていない大学生が4人に1人いる、という話です。

日本の大学のレベルはピンからキリまであり、ピンの大学でも米国の大学と比べたら卒業するのは非常に簡単なのは私が実体験として知っています。そして、キリの大学となると、「何でこんな生徒が高校を卒業できたのか?」と思えるような生徒を集めているため、最初は高校卒業レベルに達するまでの補習から始まるそうで、そんな生徒も含めたらばこの数字も納得できます。

実際、社会に出ても、平均値と中間値の違いが分かっていない人に出会うことはしばしばあるし、定義は知っていても、ちゃんとした使い分けが出来ない人は50%以上いるのではないでしょうか?

政府の統計や雑誌の記事で、社会人の平均収入を取り上げたものをよくみます。収入のように激しい偏りがあるものの場合、平均ではなく中間値を使うべきなのですが、これこそが、平均値と中間値の使い分け方をちゃんと理解できていない人が大勢いる証拠です。

特にここ数年は、貧富の差が広がるばかりなので、年収の平均値にはそれほど変化はないものの、中間値は下がる、ということが起こっています。

さらに、年収の平均値や中間値の変化を何年かに渡ってとらえる場合、単純に金額だけを比べるのか(名目賃金)、購買力を考慮して比べるのか(実質賃金)という選択肢もあり、問題を複雑にしています。そこまでちゃんと理解している人となると、たぶん4人に1人とかになってしまうでしょう。

そんな風に「数字に弱い人」たちがたくさんいるからこそ、銀行とか証券会社は、やたらと手数料の高い金融商品を消費者に売りつけて儲けることが可能なのです。

外貨預金をする際に、資料に明示された為替手数料(1%程度)の他にも、円の売値と買値の差という形の隠れた手数料(往復で2%程度)があることを見抜くことは、私のように数字に強い人間も難しいので、普通の人は平気で騙されてしまいます

先日も、日本の大手銀行で「米ドル3ヶ月もの、金利が年5%」という広告を見ましたが、年利5%で3ヶ月預けると、もらえる利息は1.25%ですが、手数料が全部で3%程度かかるので、為替に変化がない場合で1.75%ほど損をすることになります。本当に顧客のことを考えているならば、そんな金融商品はそもそも扱うべきではないのです。しかし、「年利5%」という数字に騙されてしまう消費者が多いので、手数料稼ぎのためにそんな金融商品を堂々と扱っているのが日本の銀行なのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 大学生の4人に1人が「平均」の意味を判っていない亡国ニッポン
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい