自殺は5月に急増する。「休み下手」な日本人が10連休にすべき事

 

ここでのポイントは「一人きりでがんばってはならない」こと。

ストレッサーへの対処は体力もいれば時間もかかるので、必ず、職場の同僚や“斜め”の関係にいる上司、家族、友人など、問題解決に協力してくれる同志を得る戦略を練ってください。ときには専門家に相談するなど、“プロの傘”を借りるのも有効です。

10日間休める人は前半の7日間はストレス発散に、最後の3日間をストレッサーの明確化と対処戦略の思案にあててください。

いずれにせよ、あっという間に連休はあけ、ストレスフルな日常に戻ります。そのときに「よし!夏休みまで、またがんばろう!と思えれば、「約束破りから脱したと考えて間違いなし!

連休は関係なく仕事!と言う方も、是非とも隙間時間で、心と頭の休養と、ストレスの原因解明に努めてください。

私も……10連休は(前半仕事なので6連休ですが…)遊びます。できる限り…。

みなさんのご意見をお聞かせください。

image by: Shutterstock.com

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2019年4月17日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

初月無料の定期購読手続きを完了後、各月バックナンバーをお求めください。

2019年3月分

  • ドーナツ事故は現場の責任?/「他人の足をひっぱる男たち」(19) ほか(3/27)
  • 「『死』の選択」を巡るメディア報道の違和感/「他人の足をひっぱる男たち」(18) ほか(3/20)
  • 終の住処で「孤独死急増」/「他人の足をひっぱる男たち」(17) ほか(3/13)
  • 働く女の中身はスカートを履いたおっさん?/「他人の足をひっぱる男たち」(16) ほか(3/6)

※1ヶ月分540円(税込)で購入できます。

※『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』(2019年4月17日号)より一部抜粋

河合 薫この著者の記事一覧

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。
「自信はあるが、外からはどう見られているのか?」「自分の価値を上げたい」「心も体もコントロールしたい」「自己分析したい」「ニューストッピクスに反応できるスキルが欲しい」「とにかくモテたい」という方の参考になればと考えています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』 』

【著者】 河合 薫 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 水曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print

  • 自殺は5月に急増する。「休み下手」な日本人が10連休にすべき事
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け