あの三年寝太郎が期せずして先行投資型ビジネスの手本になった訳

 

この話に似たような民話が、山口県にあります。

厚狭あさの寝太郎」。

厚狭という里の長者の息子・太郎は、毎日何もせず、寝てばかり。村人からは、「寝太郎」と呼ばれ、バカにされていました。

その太郎が、3年3ヶ月寝た後、突然起き上がり、「おとっつぁん、すまんが千石船をいっそう、こしらえてつかぁさい」と言いました。

父親である長者は、何か考えがあるのかもしれないと、千石船を作ります。太郎は、水夫を雇い、船一杯にわらじを積み、海へ出て行ったのです。

太郎は佐渡島に渡り、そこで働く人夫の古いわらじと持って行った新しいわらじを無料で交換し、古いわらじを大量に持ち帰ったのです。驚くことに、そのわらじを水に漬けるとたくさんの砂金が出てきたのです。

太郎は、佐渡島の金鉱で働く人夫が履くわらじには、砂金がたくさんついていることに気がついていたのです。3年3ヶ月もの間、このことを考えていたのです。太郎は、手に入れたお金で、村に土手や用水路を作ったり、沼地を水田に換え、村人に分け与えたのです。

この2つの話は、思いつきのアイデアではなくよく考え抜かれたまさに知恵の逸話なのです。

image by: Shutterstock.com

佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント)この著者の記事一覧

なぜ、人はモノを買いたくなるのか。欲しいという感情は、どこから生まれるのか。消費行動における人の心理を知れば、売れるモノが見えてくる。売り方がわかる。小手先のテクニックなど、いらない。人を研究すれば、やるべきことはすべてわかる。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座 』

【著者】 佐藤きよあき(繁盛戦略コンサルタント) 【発行周期】 週刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • あの三年寝太郎が期せずして先行投資型ビジネスの手本になった訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい