なじみの問屋に頼りっ切りの個人店が、淘汰され潰れる当然の理由

shutterstock_714580435
 

商売を行う上で重要なのは、商品や輸送ルートをできるだけ安く確保することで、その観点から「問屋不要論」も叫ばれつつありますが、小さな会社や個人商店は、問屋を通さず成り立つものなのでしょうか。今回の無料メルマガ『繁盛戦略企画塾・『心のマーケティング』講座』では著者で人気コンサルタントの佐藤きよあきさんが、小さな会社独自のフットワークで小規模販売者と組む画期的なアイデアを提案しています。

「問屋不要論」があなたを後押し。産直ビジネスで儲けよう!

問屋不要論が叫ばれるようになって久しいですが、いまだその存在は大きなものです。日本の古い商習慣から抜け出す勇気が無いのでしょうか。

確かに、問屋から仕入れて販売する方が、時間と手間が掛からず、“”なのかもしれません。しかし、そんなお店が次々と潰れているのも現実です。物欲の無くなった日本人が、どこにでもあるものを欲しがるはずはありません。ならば、大量生産された問屋経由の商品を扱っても、売れる見込みは無いのです。

大手スーパーなどは、産地から直接買いつけたり、自社農場を持つようになってきています。より良いものをより安く売るためには、問屋を通していては時間とコストの無駄になります。大手だからこそできることだ、と思うかもしれませんが、小さな会社個人商店でも充分に可能です。売る側に規模の大小があるように、作る側にも大小があります。

大手スーパーが扱う量を生産するには、それなりに体制が整っていなければできません。大手の要望に応えられるのはやはり大手なのです。つまり、小さな会社・個人商店が取り引きするには、相手も小さな生産者でなければならないのです。その相手、小さな生産者も実は問屋の存在に悩んでいます

言われたものを出すだけで、後は問屋にお任せ。それは楽かもしれませんが、やはり利益が薄くなります。理想としては、消費者に直接売りたいところですが、そのノウハウは持ち合わせていません。せめて売り場に直接出したい、とは考えていますが。

産直市場が盛況なのは、「問屋不要論の現れです。生産者も消費者もそう思っています。では、なぜ進まないのでしょうか。インターネットや輸送網が整備されて、全国どこの商品でも容易に買いつけることができます。生産者もそれを望んでいます。なのに……。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なじみの問屋に頼りっ切りの個人店が、淘汰され潰れる当然の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい