ごまかしとウソだらけ。海外逃亡を願う中国人が増え続ける理由

shutterstock_1230741490
 

今年3月、中国江蘇省の化学工場で大規模な爆発事故があり、多くの犠牲者が出ましたが、中国政府は原因の究明や被害者の補償よりも究明に当たった消防士と救助された人々の美談でごまかそうとしているようです。メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄文雄さんは、中国古来からの掟である「報喜不報憂」がこういった対応を生むと解説。真実の隠蔽など不可能となった現代では、こうした政府のやり方に、国外逃亡を希望する中国人は10億人と言われ増え続けていると指摘します。
※ 本記事は有料メルマガメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年5月●日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

美談をでっち上げても誰も信じない中国

今年3月21日、中国江蘇省塩城市の化学工場で大規模な爆発がありました。中国当局は、死者64名、重体21名、重傷73名と発表しています。中国では、危険な化学工場でさえ、安全対策が万全ではないため、このような事故はよくあります。また、このような事故の被害者は、十分な補償も得られず泣き寝入りするケースも多くあります。

報道によれば、爆発したのは工場内のベンゼンが引火して、燃え上がった後に爆発を起こしたとあります。工場内での死者以外にも、工場の周辺の被害は甚大で、工場付近の幼稚園では複数の園児が死亡したといいます。また、工場から一キロ圏内の住宅は、ガラス窓が吹き飛び、シャッターがへこんだ現象がありました。

工場責任者を拘束 幼稚園児も死亡 中国の工場爆発

報道によれば、「総領事館によると、爆発地点の風下500メートル地点では、大気中の窒素酸化物が環境基準の350倍近い濃度で検出された。現場周辺には異臭が漂っており、住民の健康被害が懸念されている。」とのことです。

もともと、この工場付近の河川では水質汚染が疑われていたようですが、爆発によってさらに深刻な水質汚染は進んだと思われます。爆発が起こった3月21日、習近平はちょうど欧州の外遊に出ていました。そして、外遊先で笑顔を振りまく一方で、国内に向けては事故の情報操作を指示していたとの報道もあります。以下、報道を引用しましょう。

「80人近くが死亡した中国江蘇省塩城市の大規模爆発で、当局は報道を規制する一方、消防隊員らによる救助活動を連日、美談仕立てで伝えている。習近平国家主席は外遊先の欧州から『世論の誘導』を指示。国民の政府への不満が噴出するのを食い止める狙いがあるとみられる。

『命を守るため、火に向かって進む』。国営通信新華社は24日、化学工場で21日に爆発が起きて以降、千人近くの消防隊員が危険を顧みずに捜索を続け、300人余りを救助したと報道。救助された男性の父親が消防隊員に感謝のメールを送ったエピソードを紹介し『現場には心温まる物語がまだたくさんある』と記した」(3月25日付 共同通信)

習氏、爆発事故で世論誘導を指示 80人近く死亡でも「美談」

印刷する

人気のオススメ記事

  • ごまかしとウソだらけ。海外逃亡を願う中国人が増え続ける理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい