シー・シェパードを敵に回した日本人ドキュメンタリー監督の闘い

 

そして、僕個人は、あの世界最大の反捕鯨団体を敵に回してまで、たったひとりで戦う八木景子、というひとりの映画監督に興味を持ち、追いかけたいと思ったまで。人生1回とするなら、世界を少しでも変える、こんな生業(なりわい)をしている監督を心底、羨ましく感じ、話を聞きたいと思ったまでです。

クジラを捕まえる捕まえない、は実はどうでもいい。日本政府が黙っちゃった案件に、NOを突きつけたこと。世界に誤解されたままで、それでもいいと思えなかった彼女の生き方に惹かれたから、協力した。これからも監督は、戦い続けます。ブルーベリートースト代と、水出しアイスコーヒー代は、まだまだ返せそうにありません。

上映後のアフターパーティー、まだまだ来場者の質問攻めにあっている監督に、挨拶して、帰ろうとした時、いちばん大切なことを聞き忘れたと思い出し、振り返りました。「あ。カントク、前から聞きたかったんですけど」。

──和歌山県に親戚いるの?

「いないけど、なんで」

──じゃあ、シー・シェパードに飼い犬殺されたとか?

「なにそれ?(笑)

──…どうして、この映画を撮ろうと思ったんですか。

「だから、なんども言ってるように、『COVE』の内容が偏見だらけで…。」

──そうじゃなくて。僕が聞きたいのはそういうことじゃない。まったく儲からない。ヘタしたら、身の危険まで。敵も多く作ることになる。経済的にも心身的にもマイナスなことの方が多いかもしれない。

意図を理解した監督は、こう話してくれました。

「40代半ば、なにをやってもうまくいかなかった。自殺が頭をよぎった時、亡き母が脳裏に仁王立ちして、こう言ってきた。何かをやり遂げてからでないと、こっちに来ちゃダメ、と。『その時に思ったんです。そっか、どうせ死ぬなら、その前に社会貢献、やるだけやって死のう』って」

そう、そんな人間が、偏見と誤解にまみれた社会現象を黙って見過ごすわけがない。そんな人間が反捕鯨団体ごときに引き下がらない

シー・シェパードも、とんでもない女を敵にした・笑

image by: Anne Powell, shutterstock.com

高橋克明この著者の記事一覧

全米発刊邦字紙「NEWYORK BIZ」CEO 兼発行人。同時にプロインタビュアーとしてハリウッドスターをはじめ1000人のインタビュー記事を世に出す。メルマガでは毎週エキサイティングなNY生活やインタビューのウラ話などほかでは記事にできないイシューを届けてくれる。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明 』

【著者】 高橋克明 【月額】 初月無料!月額575円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • シー・シェパードを敵に回した日本人ドキュメンタリー監督の闘い
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい