米国で売上好調な日本のマンガ。世界で読まれるために必要なこと

shutterstock_1386890123
 

米国で日本マンガの翻訳物の売上が6年連続増加中とのことで、これまではなかった詳しい調査レポートも発表されたようです。このレポートについて紹介してくれた、ニューヨーク在住のりばてぃさんは、発行する『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』で、日本では人気がある「転生もの」が、アメリカではランキング上位に見当たらないことを指摘。世界で読まれることを意識するならば、宗教観の必要性や、前提理解を得るためのプロモーションの必要性を示唆しています。

日本マンガの翻訳出版が好調

ふと、気になるニュースを見つけた。「米国の2018年日本マンガ売上げ7%増 6年連続増加」というものだ。このニュースによると、米国の日本マンガの翻訳出版の2018年の売上が対前年比7.24%増。2013年以来6年連続の増加という好調が続いているとのこと。

日本マンガを含むグラフィックノベル全体の2018年の売上は6億3500万ドルで、この内、日本マンガは約1億4600万ドル(約160億円)と約23%を占めているそうだ。へぇ~、けっこう売れている。毎年、あれだけNYコミコンが盛り上がりを見せ、全米各所でも派生的なイベントも増えているので、その影響もあるのかもしれない。

なお、この調査は米国で日本カルチャーの振興と普及を目指すSPJA(The Society for the Promotion of Japanese Animation)がとりまとめたもの。担当したプロデューサーのダラス・ミッドー(Dallas Middaugh)は、日本マンガを中心に動画配信するCrunchyrollや出版会社のPenguin Random House、日本の出版社が共同出資して創業したViz Mediaでの経験を持つ人物とのことなので、米国の出版および日本マンガの翻訳出版などに詳しい人物がとりまとめたものなのである。

そのため、日本マンガの翻訳出版を主に行なっているメジャーな出版社の売れ筋トップ5などもあり、なかなか参考になる。

ご参考:
米国の2018年日本マンガ売上げ7%増 6年連続増加
SPJA, Nonlinear World Present White Paper on N. American Manga Industry

日本マンガの翻訳出版数や売上、シェアなどについては、過去にクライアントからも、そういったデータが無いかなど要望は多々あったものの、ここまで詳しい調査レポートは知る限りでは出ていなかった。
調査レポートはたいがい誰かが興味を持ち利益に結びつくという理由で調査しない限り作られることはない。日本マンガの売上に興味を持つアメリカの出版関係者が少なかった証拠でもあるが、ようやくここまで詳しい調査が出たということは、それだけ興味を持つ人々が増えているとも考えられる。
上記1つ目の記事最後に調査レポートを閲覧できるURLが貼ってあるのでご興味ある方はどうぞ。

print

  • 米国で売上好調な日本のマンガ。世界で読まれるために必要なこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け