稲盛和夫も実践。仏教徒でなくても心に留めるべき「釈迦の説法」

shutterstock_530234590
 

人間は何のために生きていくのでしょうか。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、そんな「人類の永遠のテーマ」とも言うべき問いに対する稲盛和夫氏の回答が紹介されています。

幸せを掴む心の在り方

15万部のベストセラーとなった稲盛和夫さんと五木寛之さんとの共著『何のために生きるのか』の出版から12年──。当時行われた出版記念講演会には、1,700名もの聴衆が詰めかけました。

講演のテーマは「何のために生きるのか」。その中で、稲盛さんは次のような発言をされています。

「私は、このたった一回しかいない人生を、精の限り、魂の限り、一所懸命に次ぐ努力をしていこう、そしてその成果を周囲の人たちいや地球人類のために使っていこうと思っております。そのようなダイナミックな生き方をしながら、世の中にお返してしていくことこそ、生きる目的ではないかと思っているのです」

いかがでしょうか?稲盛さんから発せられる熱量が、このわずかな言葉からも伝わってきませんか?本日はもう少しだけ、当時の講演録を収録した月刊誌『致知』の記事をご紹介します。

お釈迦様が説く、人生で一番大切なこと

皆さんの中で仏教を信じていらっしゃる方は多いと思います。

お釈迦様は、生きていく人間にとって一番大事なことは利他の心であると説きました。お釈迦様の心の神髄とは、慈悲の心です。思いやりを持った慈しみの心、それがお釈迦様の心の神髄であります。

この心は、他のものを少しでも助けてあげよう、よくしてあげようと思う心です。そうした心を持って生きていくことこそが人生の目的なのではないか。つまり、利他の行為を行うことが、人間にとって、まず一番に大事なことだと思うのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 稲盛和夫も実践。仏教徒でなくても心に留めるべき「釈迦の説法」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい