「日本と中国どっちが大事?」の問いにロシア人が語る戦略的回答

kitano20190610
 

6月5日に開かれた中ロ会談で、北朝鮮問題などを筆頭に「中ロが対米政策で共闘する方針」である事が公表されました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、近年の中ロ協調路線が、世界覇権の米国一極集中型から米中二極化へ変化させたきっかけとなった事実を詳しく解説し、現在の日本や米国に必要な戦略を記しています。

中ロ関係に関する「大いなる勘違い」

日本の情報空間を見ていると、時々「すごい勘違いをしているな」と思うことがあります。その一つは、「ロシアは中国が大嫌いこの二国が組むことはありえない!」。皆さん、こんなことを信じていないでしょうね(より正確にいうと、ロシアは中国が嫌い。でも二国が組むことはありえますよね?たとえば、チャーチルはソ連が大嫌いだった。しかし、ヒトラーに勝つためにスターリンと組みました)?

RPEの見解はどうなのでしょうか?昔からの読者さんはご存知ですが、私は07年に『中国ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日』という本を出しています。この本の主張は、「ロシアと中国は05年、【事実上の同盟関係になった」です。そして中ロ同盟が08年、「アメリカ一極時代を終わらせた」。その後世界は、「米中二極時代」に突入しました。

なぜそういう話になるのか、詳しくは「中国ロシア同盟がアメリカを滅ぼす日」を読んでいただければわかります。しかし、1時間ぐらいでざっくり理解したい人は、無料レポート

●「世界一わかりやすいアメリカ没落の真実」【無料】

をご一読ください。これ、ゲットするためには、他のメルマガに登録しなけれ
ばなりません。しかし、いつでも解除できますから、気にせず、いったん登録して、レポートをゲットしてください。

で、アメリカ一極時代崩壊後中ロ関係はどうなったの?これ、一時期停滞しました。というのは、08年からはじまった「100年に一度の大不況」でアメリカは沈んだロシアも沈んだ。なぜ?原油価格、08年夏は140ドルだったでしょう?それが、リーマンショック後30ドル台まで大暴落した。一方、中国は一人勝ち」して、アメリカに迫る超大国になった(2010年以降中国はGDPでも軍事費でも世界2位)。つまり、米ロは負け組。それで、09年からは米ロ再起動時代」がはじまったのです。

この時の大統領は、アメリカ大嫌い男プーチンではない。ジョブズから直接もらったアイフォンを「家宝」にしているメドベージェフ。米ロ関係は、しばらくメチャクチャよくなった。相対的に中ロ関係は停滞しました。

しかし、2012年プーチンが再び大統領になると、またすべてが変わります。プーチンは2013年、シリア問題で早速アメリカとケンカ。2014年にはクリミアを併合して、またアメリカとケンカ。それで、アメリカ欧州日本から経済制裁されるようになり、今に至っています。

中国はどう動いたか?中国は、制裁に加わらなかっただけでなく、クリミア併合を一言も非難しませんでした。さらに、ロシアからの石油・ガス輸入を大幅に増やしてロシア経済を救った。これ、「欧州よりもメチャクチャ安く買っているのでしょ?」とい突っ込む人もいるでしょう。そうなのでしょう。それでも、制裁で苦境に陥ったロシアを支えているのが中国であることに変わりありません。

考えてみてください。日本は、対ロシア制裁に加わっている。中国は、制裁に参加せず、ロシアを非難せず、経済を助けている。ロシアから見ると、日本と中国、どっちが大事?もちろん中国でしょう

数年前、「龍馬プロジェクト」の神谷先生と、日本一のカリスマ政治ユーチューバーKAZUYAさんがモスクワにきました。「一番驚いたことはなんですか?」と聞くと、神谷先生もKAZUYAさんも、「ロシア人に日本と中国どっちが大事ですか?」と聞くと、皆口をそろえて「現状なら中国を選ばざるをえない」と答えていたことに驚いたといっていました。

そうなのです。これが事実です。しかし、日本ではどういうわけか、「ロシア人は中国を嫌っている両国が同盟関係になることはありえない!」などと信じている(既述のように、嫌いでも同盟を組むことはあります)。

実をいうと、中国とロシアは、05年から19年まで14年間事実上の同盟関係にある(より厳密にいうと、米ロ再起動時代09~12年、中ロ関係は停滞したが)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「日本と中国どっちが大事?」の問いにロシア人が語る戦略的回答
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい