それも1つの意見。ショップに必要な、ネット上の批判を流す勇気

 

私が研修や授業でお伝えしているような接客だって、人によっては嫌がる人だっていらっしゃいます。もちろん、それを否定する気はありませんし、それはその人の考えです。

ですが、私の中では信念がありますし、それをお伝えすることで、ファンになってくれるお客様が増えるお店も多くあります。だから、私の接客自体を否定されたとしても、信念とズレのあるものであれば、一意見として受け止めるくらいで安易に流されないようにしようと決めています。

もちろんそうするためには、「これが私たちのスタイルです」と言えるくらいの接客をお客様に見せ続けていくことが条件です。手を抜いてしまって、批判されているのに、「いやその意見は違うから」とは言えませんからね。

でも、そうできているのであれば、求めているお客様に合わせたスタイルを持ち続けるのも大事だと思います。お客様に多様性が増しているように店にだって多様性があっていいのです。

今日の質問です。

  • 自店や自分の接客スタイルについて批判的な意見を耳にしたことはありますか?
  • その意見と、自分たちの信念とのズレはありましたか?ズレがあるなら、どう捉えるか、ないならどう捉えるかを考えてみましょう

image by: Shutterstock.com

坂本りゅういちこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 坂本りゅういち 【発行周期】 日刊

print

  • それも1つの意見。ショップに必要な、ネット上の批判を流す勇気
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け