なぜ、人気の飲食店コンサルはすべての仕事に期限を設けるのか?

shutterstock_528261112
 

活気に溢れる店とそうでない店、人気を呼ぶのは当然前者であることは間違いないのですが、ではそのような雰囲気を醸成するにはどのような手を打てばいいのでしょうか。今回の無料メルマガ『飲食店経営塾』では著者で飲食店コンサルタントの中西敏弘さんが、活気を含めた「いい当たり前」の風土化に成功したある経営者の例を紹介しています。

あなたの会社では、「いい当たり前」が風土化されてきていますか?

先日、ご支援先の社長さんと自店の視察が終わった後、「もう一軒行きましょう!」ということで、開店後間もないであろうお店に立ち寄った。

なかなかコンセプトは面白そうなお店だったが、なんせ、オペレーションが良くない。開店して間もないということだろうが、たくさんのスタッフがいるのに、ほとんどのスタッフが「いらっしゃいませ」も「ありがとうございました」も言わない。だから、店内には活気のかけらもない

店長とおぼしきスタッフは、異常に髪が長くて、前髪も邪魔そう。しかも、オーダーをとるのもとても面倒くさそうな対応で…。

おまけに、料理が出てくるのも遅い。オープンキッチンなのに、キッチンスタッフは皆動きがぎこちなく、指導しているスタッフはいるにはいるが、あまり指導もしない。

何より、最も気になったのが、皆、「つまらなそうな顔をして仕事をしている。お客様を楽しませようなんて思って、働いている人は皆無だ!悲しいことではあるけれど彼ら、彼女らにとっては、こんな風に仕事をすることが「当たり前」なのだろう。

正直、すぐに店を出たかったが、料理を待っている間、社長さんと色々な話ができた。そこで出たのは、「いい当たり前の風土、空気感習慣づけをさせることが非常に大切という話をずっとしていた。

この社長さんの店は、とにかく「元気の良さ」が目立つ店。僕が店に行っても、本当に活気があってすごくいい店だと思う。活気だけでなく、働くスタッフが皆笑顔が溢れていて、だからなのか、とても楽しそうに働いている

それが、自分たちだけ盛り上がっているのではなく、きちんとお客様にも目を配り、時には会話をしながら、お客様をもてなしている。もちろん、料理も美味しいし、料理を出すスピードにもこだわっている。

これらすべてが、今は「当たり前」のように行う風土ができつつある。だからこそ、「いい当たり前を継承していくことが重要だし、これからも「いい当たり前をたくさん作っていくことが重要だという話でまとまった。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • なぜ、人気の飲食店コンサルはすべての仕事に期限を設けるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい