米政府「イラン水雷除去」映像公開、タンカー攻撃イラン関与断言

2019.06.14
46
by gyouza(まぐまぐ編集部)
IMG_20190614_141343
 

中東のオマーン湾のホルムズ海峡付近で日本時間の13日に石油タンカー2隻が砲撃を受けた事件で、米国防総省のポンペオ国務長官は米現地時間13日、緊急の記者会見を開き、「米政府はイランに攻撃の責任があると分析している」と断言。証拠となる、タンカーに不発のまま刺さった水雷をイランの「イスラム革命防衛隊」のボートが抜き出している様子の映像を公開した。イランは関与を全面的に否定しているため、米国とイランの緊張が高まるのは避けられないものと見られる。トランプ大統領は「イランとの(核をめぐる)取引は時期尚早だ」との認識を示したとしている。朝日新聞デジタルなど報道各社が速報で伝えた。

米CNNは、米当局者4人が同CNNに対して、「イラン海軍艇が日本のケミカルタンカーの船体から不発の水雷を取り外す映像と写真を入手している」ことを明らかにしていた。

同CNNの報道によると、当局者の1人からの情報として、映像は米軍機が上空から撮影。イラン艇が攻撃を受けたタンカーと並んで航行し、船体から「リムペットマイン」という水雷を取り除く様子をとらえたという。映像には、この艦艇に乗った人物が水雷をつかむ場面も映っている。

ポンペオ国務長官は「この地域にイランの代わりにこれだけ高度に洗練された攻撃を行える勢力は存在しない」とし、イランによる攻撃との見方を示した。(随時更新)

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: 米国防総省

印刷する

人気のオススメ記事

  • 米政府「イラン水雷除去」映像公開、タンカー攻撃イラン関与断言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい