米「自作自演」説も。ホルムズ海峡タンカー襲撃、真犯人は誰か?

スクリーンショット 2019-06-23 10.59.25
 

安倍首相がイランを訪問し、最高指導者ハメネイ師と会談したまさにその日にホルムズ海峡で起きた、日本権益のタンカーへの襲撃事件。アメリカはすぐに「イランの仕業」と映像まで公開しましたが、国際社会が同意する「犯人」断定には至っていません。そこで今回、メルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で、数々の国際舞台で活躍する国際交渉人の島田久仁彦さんが、イラン国内から周辺の情勢を踏まえて、動機と能力のある5つの勢力を上げ、「犯人」である可能性を探ります。

ホルムズ海峡のタンカー襲撃。その「真実」は?

安倍総理大臣がイランの最高指導者ハーマネイ師と会談をしたという歴史的な出来事の裏で、2隻の日本権益のタンカーが何者かの襲撃を受けるというショッキングな出来事が起こりました。

「日本の安倍総理の仲介努力を嘲笑うような行為」 「和平へのきっかけを一気に潰し、緊張を高める蛮行」 いろいろな見解が当初示され、そしてすぐに『犯人捜し』が始まりました。『イランの仕業だ!』と糾弾するアメリカ・トランプ政権と、それに追従した英国政府。 『行動そのものについては最大限の非難をしつつ、“新犯人捜しが必要”との見解を述べるにとどまり、イラン犯人説から距離を置く国連と欧州各国、そして“その他大勢”』 アメリカがペルシャ湾近海に展開する第5艦隊からの報告として公開した動画を示してイラン(革命防衛隊)の関与を示していますが、映像の粗さやどこにもIRANと書かれていないこと、そして誘導型機雷の使用を主張するも、攻撃を受けた2隻の船の関係者が『機雷ではなく飛翔体だった』という証言をしたことで、イラン犯人説の信憑性は限りなく揺らいでいます。

では、誰が何のためにこのような蛮行を行い、見方によっては日本の顔に泥を塗ったのか。 事件直後のMAG2NEWSでもコメントをいたしましたが、イラン革命防衛隊の仕業に見せかけ、今この時点でイランをめぐる諸事情において『融和』の方向へ進むことを嫌う勢力の仕業であると考えます。そして、2隻の船の船長がコメントしている『機雷や魚雷ではなく、飛翔体だった』との証言からも、地対海(船)ミサイルを所持し、使う能力がある勢力ということが考えられるでしょう。では誰なのか?考え得る可能性について述べてみたいと思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 米「自作自演」説も。ホルムズ海峡タンカー襲撃、真犯人は誰か?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい