いじめ第三者委員会が自ら解散を提案、北杜市教育委員会の異常

dt20190725
 

これまで3度に渡り、いじめ被害者を追い詰めるといった山梨県北杜市教育委員会の異常さを指摘してきた、現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さん。その後も被害者サイドに立ち問題解決に向け戦い続けてきた阿部さんですが、現地に新たな動きがあったようです。阿部さんが自身のメルマガ『伝説の探偵』で報告しています。

メルマガのご登録により阿部さんの活動を支援することができます

 

山梨県北杜市いじめ事件及び市教育委員会による不適切対応事件の続報と進展

2019年7月3日 いじめ第三者委員会が異例の解散提案

 

一昨年、山梨県北杜市の女子中学生が自殺を図った事件で、対応を検証してきた第三者委員会が市の教育委員会の対応に問題があったと結論づけた。

 

市の教育委員会が被害保護者の意見を聞き入れない他、いじめ防止対策推進法やそのガイドラインを無視した対応をしたとして、北杜市に意見書を提出した。

 

一方で、市教育委員会の不適切な対応によって被害保護者の協力が得られない現在の第三者委員会では原因究明は困難だとして解散した上で新たな委員会で調査をすべきとした。

異常事態

北杜市のいじめ事件に関しては、「伝説の探偵」で随分前から追求してきた。

いじめ自殺未遂に開き直り。教育委の呆れた逆ギレと逃げた北杜市長
北杜市いじめ事件で被害者を貶める、地元新聞の「忠犬」ぶり
いじめ被害者を加害者の如く扱った、北杜市という絶望的な魔都

ことは実際に起きているいじめをなんとか隠蔽しようとした校長が作った捏造報告書の存在から始まった。次は、第三者委員会の名簿を隠し被害側から強引に合意を引き出そうとした教育委員会の横暴だ。こうした対応には、文科省からも再三の指導があったが、市教育委員会はそれに従うことはなかった。

加害生徒の保護者がネットに誹謗中傷をあげたり、被害者側を中傷し、「大したことがないのに、ただ騒いでいるだけ」という悪意ある噂を流すなどの派生した問題もあった。

一方で、地元新聞が噂や市教育委員会からの情報のみで記事を書くなどの問題も発生したのだ。

私は被害者側につき、市教育委員会などを追求し続けた。教育委員会が異常な状態であれば、どんなに確度の高い証拠や情報を集めても、適切な判断は不能であろう。

事実、教育委員会は第三者委員会に利害関係者を選任し、強引に委員会を開始しようとしていた。しかし、これは私や被害者側の指摘によって中途に人選を変更したようであった。

また、「まぐまぐニュース」で事実を公開したことによって、北杜市市長は議会で謝罪をすることになり、第三者委員会設置によって早急な事実調査を始めたいと表明するまでになった。

第三者委員会との協議

私は被害側に同行する形で、今年はじめに新たに設置された第三者委員会と被害側との話し合いに参加することになった。

この話し合いの前には、第三者委員会の方々になぜ被害側が第三者委員会の呼びかけに不信感を持つかと知ってもらうため、1つの条件を出した。

それは、第三者委員会がその設置の経緯を調べるというものであった。

もしも、まともな判断ができる委員であれば、この設置が、法やガイドラインを無視したものであり被害側の信頼を教育委員会側が破綻させるように動いていることがわかると考えたからだ。

第三者委員会は事前に設置の経緯について調べた報告書や意見書を被害者側に報告した。

その内容は、至極当然なもので、市教育委員会によるガイドライン違反やいじめ防止対策推進法を無視したり文科省の指導をなんら反映せず強引に進めたものであると結論づけられていた。

特に人権意識の高い弁護士である委員長はあまりの酷さを理解し、被害側がどうやってもその設立経緯から第三者委員会を信頼できないということを理解していた。

ここにきてやっと、まともな判断ができる人物らに出会えたのだが、第三者委員会の設立経緯から考えて、第三者委員会を認めることは、市教育委員会の横暴を認めることになってしまう恐れもあり、被害側、第三者委員会は難しい判断をしなければならないことになった。

結果、第三者委員会はその設立経緯に前代未聞の異常事態があることから、自ら解散し再度新たな委員会を設置することを意見することになった。

これは、やっとまともな判断ができた第三者委員会の各委員を否定するものではなく、市の教育委員会の横暴に対する最大の行動であった。第三者委員会が自ら解散を意見した事例は私の記憶の中でもこれが初めてだろう。

それほどまで、市の教育委員会は滅茶苦茶な対応を被害側にしていたのである。

print
いま読まれてます

  • いじめ第三者委員会が自ら解散を提案、北杜市教育委員会の異常
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け