北杜市いじめ事件で被害者を貶める、地元新聞の「忠犬」ぶり

dt20161126-e
 

先日掲載の「いじめ自殺未遂に開き直り。教育委の呆れた逆ギレと逃げた北杜市長」で、保身のためだけにその問題が被害者や家族にあるとしたり市長が記者会見場から逃げるなど、信じられない対応を取る山梨県北杜市の卑劣さを白日の下に晒した、現役探偵の阿部泰尚(あべ・ひろたか)さん。阿部さんは今回、自身のメルマガ『伝説の探偵』に、調査過程で明らかになった「さらなる闇」を記しています。

【関連記事】● いじめ自殺未遂に開き直り。教育委の呆れた逆ギレと逃げた北杜市長

北杜市いじめ自殺未遂問題にさらなる闇

山梨県北杜市で起きたいじめ自殺未遂問題では、いじめ問題のみならず、北杜市教育委員会が、文科省ガイドライン上「いじめ重大事態」として取り扱う条件を満たしているのに、重大事案と認めず、さらに、第三者委員会設置について委員が誰かも明かさずに被害家族を納得させようとしていたなど教育委員会の対応に大きな問題があることが報道されました。

「伝説の探偵」でも直接被害者、被害家族から聞き取りをしたり、関係者から証言を取るなどして、前回、メルマガ上で報告したところです。

ところが、この問題、さらなる闇が出てきました…。今回は、被害家族からインタビュー形式で話を聞いてきましたので、こちらと併せて報告したいと思います。

いじめ第三者委 市外在住者のみ
家族に限り氏名開示へ 北杜市教委

 

北杜市内の中学校に通う女子生徒がいじめ被害を訴えた問題で、市教委は12日、臨時教育委員会を開き、原因などを調査する第三者委員会の構成を変更して委員を市外在住者のみとし、委員の氏名を家族に限り伝える方針を決めた。生徒の家族が第三者委の中立性に疑義を示していることを踏まえ、委員構成を変更し氏名は非公表とする従来の方針を転換した。

 

市教委は今年7月に第三者委を設置したが、家族は「市教委に近い人が選ばれているのではないか」との疑念を示し、委員の氏名や推薦理由の公表を要求。市教委は「氏名を公表すれば委員に働きかけが行われる可能性がある」として公表には応じておらず、第三者委が開かれない状態が続いている。…以下略

(山梨日日新聞 11/13)

阿部 「お仕事ある中、お時間取っていただきありがとうございます。早速ですが、私はこの記事を読んで、何か悪意のようなものを感じたのですが」

家族 「悪意というより、この件については私たちは、新聞記事で知りましたので、一体何が起きているんだろうというのが本音です」

阿部 「つまり、直接の当事者である被害生徒を含め家族は知らなかったのに、日日新聞は知っていたということですか?」

家族 「私達は、委員の名前は家族にだけ開示する意向があるというメールは13日にもらいました

阿部 「13日というと、ちょうどこの新聞記事が出たところですね」

家族 「そうなんです。13日の新聞を読んで初めて知りました

阿部 「つまりマスコミの方が当事者より情報が早く来たということですか?」

家族 「そういうことになります。そもそものところで、私どもの主張とは異なりますし、なんでわざわざこれを新聞記事にしたのかもわかりません」

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    【無料ご招待】次の時代に大化けする企業はどこだ? 専門家が見た「次に来る」成長産業
    (マネックス証券株式会社)
  • 北杜市いじめ事件で被害者を貶める、地元新聞の「忠犬」ぶり
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい