韓国と揉めている場合か。「再入亜」でしか日本が生き残れない訳

takano20190819
 

中国とは関係改善の兆しが見え始めてはいるものの、韓国とは依然、激しく対立中の日本。しかし我が国が今後生き残っていくためには、日韓中を中心軸として考えていくことが必要なようです。ジャーナリストの高野孟さんは今回、自身のメルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』にその理由を記すとともに、「安倍首相はアジア和平を乱す危険分子の1人」としています。

※本記事は有料メルマガ『高野孟のTHE JOURNAL』2019年8月19日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール高野孟たかのはじめ
1944年東京生まれ。1968年早稲田大学文学部西洋哲学科卒。通信社、広告会社勤務の後、1975年からフリー・ジャーナリストに。同時に内外政経ニュースレター『インサイダー』の創刊に参加。80年に(株)インサイダーを設立し、代表取締役兼編集長に就任。2002年に早稲田大学客員教授に就任。08年に《THE JOURNAL》に改名し、論説主幹に就任。現在は千葉県鴨川市に在住しながら、半農半ジャーナリストとしてとして活動中。

日本の東アジア戦略の3次元──思想・歴史的、経済・通商政策的そして外交・安保政策的

月末に東京で行われる国際シンポジウムで日本の東アジア戦略について発言する機会が与えられたので、そのためのレジュメを作成し送信した。その発言は時間が限られているので、内容を補充して1つの論説としてここに掲げることにする。


日本の東アジア戦略を、思想的経済・通商政策的外交・安保政策的の3つの次元から考えたい。

1.思想・歴史的次元:「脱亜」から「再入亜」へ

平成の30年間は明治維新から150年の最後の5分の1である。日本の生きる道という意味での戦略を編む場合に、物差しの当て方はいろいろあるけれども、ここはどうしても平成30年でも戦後75年でもなしに、維新150年のこの国のありようを総括して次の国家百年の計を立てることでなければならない。

そこでの中心問題は、「脱亜・入欧」という薩長藩閥政府のイデオロギーをきっぱりと卒業して「脱欧米・再入亜」を果たし、東アジアの一角にしっかりと居場所を確保することである。しかし、かつて自分勝手に脱亜を宣した日本が、また一方的に再入亜を唱えたところでそんなことが簡単に認められるはずはない。アジア、とりわけ東アジアの国々に日本がアジアの一員であると認めて貰い歓迎して貰えるためにはどうしたらいいかを考え居住まいを正すことが、日本にとっての東アジア戦略の思想・歴史的次元である。

脱亜論の元祖は福沢諭吉ということになっていて、そのよく知られた文章の核心部分はこうである。

我國は隣國の開明を待て共に亞細亞を興すの猶豫ある可らず、寧ろ其伍を脱して西欧の文明國と進退を共にし、其支那朝鮮に接するの法も隣國なるが故にとて特別の會釋に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に從て處分す可きのみ。惡友を親しむ者は共に惡名を免かる可らず。我れは心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり。
(全集第6巻、岩波書店)

悪友を謝絶するという激しい言葉遣いには驚いてしまうが、彼は本来は決してアジア蔑視の人ではなくむしろ朝鮮独立党の金玉均ら開化派の人々を熱心に支援した。その金らがクーデターに失敗して残忍極まりないやり方で殺されたことに衝撃を受け、こんなことを許す李朝やその背後の清国政府とは到底一緒にやっていくことはできないという絶望感をぶつけたのがこの文章である。だから福沢を「脱亜・入欧」思想の張本人と呼ぶのは可愛そうだというのが、丸山真男の説である。

では本当の張本人は誰か。私の説では長州藩にあって松下村塾を通じて多くの維新の志士に思想的な影響を与えたとされる吉田松陰である。彼が一体どんな影響力を持ったのかを知りたくて、奈良本辰也編『吉田松陰著作集』(岩波文庫)を繙き評伝にも当たったが、結局彼の内政に関わる主張は、幕府の要人を斬れ!」「殺せ!」と言っているだけで、これでは単なるテロリストの親分である。この単純思考の性向は、事が対外姿勢に及ぶとたちまち一直線の侵略主義に転化する。上記文庫に収められている「幽囚記」には、こうある(現代語訳による)。

ポルトガル・スペイン・イギリス・フランスのような国々は、弱国日本を併合しようとしている。……ましてアメリカやロシアなどはいうまでもない。

 

だから立派に国を建てていく者は、現在の領土を保持していくばかりでなく、不足と思われるものは補っていかなければならない。

 

今急いで軍備をなし、そして軍艦や大砲がほぼ備われば、蝦夷を開墾し、……隙に乗じてカムチャツカ、オホーツクを奪い、琉球にもよく言い聞かせて幕府に参観させるさせるべきである。また朝鮮を攻め、古い昔のように日本に従わせ、北は満州から南は台湾・ルソンの諸島まで一手に収め、次第次第に進取の勢を示すべきである。

 

僕はいつも、日本がオーストラリアに植民地を設ければ、必ず大きな利益があることだと考えている。

 

朝鮮と満州はお互いに陸続きで、日本の西北に位置し、……しかも近くにある。そして朝鮮などは古い昔、日本に臣属していたが、今やおごり高ぶった所が出ている。なぜそうなったかをくわしくしらべ、もとのように臣属するよう戻す必要があろう。

幼稚としか言いようがない言説である。が、これをこの通りになぞって、北海道、千島・樺太、琉球、台湾、朝鮮、満州、ルソン、太平洋諸島などを次々に侵略し、ついにはオーストラリア目前にまで迫って破滅したのが長州主導の大日本帝国」である。ところが、維新から150年を経た今日もなお吉田の侵略主義思想の影響下にある長州人の末裔が総理大臣を務め、近隣に盛んに喧嘩を仕掛けていて、これでは21世紀日本の東アジア戦略は成り立ちようがないのである。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国と揉めている場合か。「再入亜」でしか日本が生き残れない訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい