NY在住日本人社長がスコットランド旅行で遭った数々の意地悪体験

unnamed-12
 

久しぶりにひとり旅をすることになり「ネッシーを見たい」と、ネス湖を目指したのは、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋克明さん。時差による眠気に苦しむ高橋さんは、スコットランドの「意地悪」の洗礼を受けたようです。筆者ならではの視点と筆致で綴る、スコットランド旅行記の第2弾。意地悪のせいもあって、まだまだネス湖には着きません。なお、第1弾はこちらです。

「ネッシーを探す旅 私的スコットランド紀行」その2

チェックインまでにはまだ時間があったので、グラスマーケットにつながるヴィクトリア・ストリートを散策します。この街、唯一のおしゃれエリア。スコットランド人デザイナーによる服やアクセサリーが売られている路面店が並びます。

unnamed-12

ウインドウ越しに、豚が丸々一匹焼かれているサンドイッチ屋さんを発見しました。そういえば朝から何も食べていない。ガイドブックにこの街のアイコン店と書かれていたその店に飛び込み、シグニチャーを注文します。食べてみて、忘れていたことを思い出した。ここはイギリス。かつて、贅沢は敵だという風潮のもと、外食産業が伸びなかった国。アメリカ以上に、食に貧しい国。ぱっさパサのポークサンドイッチは、機内食のプレッツエルではないにしろ、まったく味がしませんでした。

ホテルに戻り、チェックインまでまだ数時間あるけれど、交渉してみます。「北米から来て、さっき到着したから寝てないんだ、余分にお金払うから、今、チェックインさせてくれないかな」と。受付の気の良さそうなメガネのお姉さんは「アメリカからの旅行者は(時差の関係上)みんな大変よね。わかった、部屋を掃除次第、すぐにチェックインしてもらうわ。でも、あいにくまだ準備できてる部屋が今はないの」と申し訳なさそうに謝ってきます。謝られるも何も、まだ正式なチェックイン時刻ではないので、こちらこそ謝って、また出直すことにします。時刻はまだ11時。そりゃそうだ。ふらふらその辺を歩いて、1~2時間後に戻ってこよう。iPhoneも充電したいし、Wi-Fiもつなげたいし、何よりベッドに倒れたいから。

その足で、そのまま「セント・ジャイルズ大聖堂」へ。ちっちゃな街なので、ガイドブックに書かれている観光名所は半日で回り終わっちゃいそう。ロイヤルマイルの中心に堂々と建っている教会が、あの有名な「シスルス礼拝堂」が入っている「セント・ジャイルズ大聖堂」。実はこう見えて、ヨーロッパの教会巡りに少しハマっていた時期がありました。宗教上の立ち位置であったり、建築の歴史であったり、むずかしいことはよくわかりませんが、ヨーロッパにくると、必ず、そこの有名な教会には足を運ぶようにしています。

unnamed-13

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • NY在住日本人社長がスコットランド旅行で遭った数々の意地悪体験
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け