NYから憧れのネス湖でネッシーを探しに出かけた邦人社長旅行記

shutterstock_1007995660 (1)
 

メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋克明さんは、久しぶりにひとり旅をすることになったそうです。そこで今回のメルマガは、旅先としてスコットランドを選んだ理由から、機内での出会い、アメリカの航空会社に関して長年抱いていた疑問など、エディンバラに着くまでのさまざまな出来事に関して、筆者ならではの視点と筆致で綴る、「なかなか目的地に着かない」旅行記となっています。

ネッシーを探す旅 私的スコットランド紀行」その1

この夏、かなりの過労とストレスで、心と体がぶっ壊れていました(汗)完全に心身共にヤラレていました。相談したドクターに「ふらっとニューヨークを離れて、人里離れた空気のいい田舎にでもひとり旅してこい」とアドバイスを受けました。

どこに逃げたところで、仕事も自分も追いかけてくるわけで、僕の場合はバケーションが息抜きにならないことは、今までの経験上、自分がいちばん知っている。「仕事のストレスは仕事でしか解消しない」というのが座右の銘の僕には、そのドクターのありがたいアドバイスを本気で考えることもありませんでした。

「でも、そうしてきたことで、ストレスが溜まってきた15年間じゃなかったの?」さすが、うちの奥さま、僕の顔色を見て、今回ばかりはヤバイかもと思ったのか「ひとりでゆっくり旅でもしてきたら」といつになく、マンハッタンを離れることを勧めてきます。子育てに追われ、慢性睡眠不足の家内がそう言ってくるっていうことは、そーとー、オレ、ヤバイのかなと思うようになりました。

では、どこに?オレは、どこに行きたいんだろう。田舎より、都心部の方が圧倒的に好きな僕は、ロンドンやパリ、上海や香港を候補地として考えていました。都会から離れ、ぼーっとしに行くのに、ニューヨークと変わらない都市を選んでどうするの!?と妻に怒られてから、子供の頃から、絶対に一度は行きたい憧れの場所を思い出しました。

「あ!そうだ!ネッシー見たい!」

特別、UMA(未確認生物)に興味がある子供ではありませんでした。でも、なぜか、ネッシーにだけは惹かれていた。幼少の頃からネッシーを特集した書籍を買っては読み漁り、テレビ番組で特集されては録画をしていました。どうして、首長竜の生き残りと言われる北イギリスの伝説に、ここまで惹かれているのかは、まったく説明はできません。

しかも、おそらく、世界中の未確認生物オールスターズの中でも、現実的にいちばん、いそうにないキャスト。ビッグフットやUFOに比べて、生息域が限定されすぎている。今の化学で答えが出ていないわけがない。舞台は特定のひとつの湖なんだから。

そう、生存確率は限りなくゼロに近い。見れるわけがない。というか、いるわけがない。でも、行きたいと思いました。ネス湖に。間違いなく、見ることはない、伝説の海獣を「見る」ために。

子供の頃から憧れ続けた湖まで実際に行き、「やっぱいないんだなネッシーって」と思うことが、今の自分にはなにより大切なことだと思ってしまいました。理由はうまく説明できないけれど、とにかくそう思っちゃったのです。

ということで、行き先はネス湖に決定しました。ガイドブックで見る限り、結構な田舎風景だし、当初の「ゆっくりとする」という目的もクリアだろう。嫁も主治医も文句言わないだろうともともと僕の心配をしてくれている人たちの顔色を伺う本末転倒な意味合いで決定しました。

で、ネス湖ってどこにあるの?子供の頃から夢中になっていただけに、スコットランドということは知っていた。北ハイランド地区ってこともわかっていた。でも、首都のエディンバラからどのくらいの距離と時間で、移動手段はなんだろう。

そこから、この夏の強制バケーションはスタートしました。7月最終日のユナイテッドエアライン、エディンバラ行きに乗ります。社員に「海外旅行って数日前に決めるもんなんですか?」とイヤミを言われつつ。

print

  • NYから憧れのネス湖でネッシーを探しに出かけた邦人社長旅行記
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け