憧れのネス湖でNY在住日本人社長が出会ったモンスターは「人間」

unnamed-19
 

久しぶりのひとり旅で憧れのネス湖を目指した、メルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』の著者で、米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋克明さん。旅行記は、機上の人となった第1弾スコットランドの「意地悪」の洗礼を受けた第2弾に続き、いよいよネス湖到着後の第3弾に突入です。高橋さんは、お目当てのモンスター「ネッシー」よりも強烈なモンスターたちと対峙します。

「ネッシーを探す旅 私的スコットランド紀行」その3

もとはといえば、ストレスを解消するための旅。あきらかにニューヨークにいる時以上にストレスを感じてる(笑)おばはん、目の前でまたあくびする。もう寝て、起きてくるな。パラパラの小雨なので、気にせず、外のベンチに座り、空を見る。ひとり旅って、こういううまくいかない時間を楽しむためのものなのかもなぁと、ちょっと笑ってしまう。

1時間後のバスに乗り、ごくごく普通の田舎の住宅地を通り、15分も走ると左手に大きな湖が見えてきました。見た目、ごくごく普通の湖に、なんの感慨もなく、とうとう幼少期から憧れた湖に来たんだなぁとぼーっと窓の外を眺めました。降ろされたのは、バス停もないただの草むら。その向かいにホテルが見えます。

unnamed-20

ホテルまで歩き、二階の湖に面したレストランで食事。湖はあまりに穏やかで、首長竜なんて絶対に出て来そうにない水面でした。観光客を乗せたクルーズが時折横切ります。

それをぼーっと見ているうち、当初は予約していたコテージにまずはチェックインして、荷物を置き、シャワーを浴びるつもりだったところ、引き込まれるように、そのまま目の前のクルーズ乗り場まで行っていました。1時間コースと2時間コースがあるとのこと。2時間コースを選ぶと、湖対面のアーカート城で1時間過ごせるのだとか。迷わず2時間コースを購入し、そのままクルーズ船に乗り込みます。観光客は7割くらい。アジア人は僕を除いてゼロ

unnamed-21

アナウンスまで聞き取りづらいスコットランド語のガイドを聞きながら、ネス湖の上をクルーズしました。気づけば、子供の頃から憧れていた湖の上にいる。そんな感じでした。もちろんネッシーは出てきてくれない。ネッシーがいなけりゃ、本当に、世界中どこにでもある何の変哲もないただの湖

子供の頃、貧乏な家で育ったものの、親父は「図鑑」だけはいっぱい買ってくれました。5つ年上の兄は「どうぶつ」や「のりもの」の図鑑を好んで、ねだっていました。僕が夢中になったのは「うちゅう」と「きょうりゅう」でした。瀬戸内海で育ったくせに、子供の頃から海が異常に怖かった僕に、図鑑の中の海の中から首を出す「ぷれしおさうるす」は強烈なインパクトで刷り込まれました。

unnamed-22

もう少し大きくなってから、この「ぷれしおさうるす」がまだ今の時代に生き残っているかもしれない、と兄に聞かされました。「ネッシーっていうんだ」。なぜかそれを見たこともない兄は得意げでした。いつか一緒に見に行こうな。兄が約束してくれたことを覚えています。まだ小学校に入る前だったと思います。その時すでに小学生だった兄は、僕の憧れで、とても頼り甲斐のある兄弟に思えました。ネッシーは、怖いけれど、にいちゃんと一緒なら、見に行きたいな。そう思いました。

ここ数年、まともな会話もしていない兄は、25年ほど前から障害を抱え、実家に暮らしています。今年50歳になった兄に、45歳の弟が、久々にLINEでネス湖の写真だけを送りました。何の説明もなく、湖の写真1枚送ったところで、それがネス湖とは多分、わからないだろうなと思いつつ。案の定、既読はついたけれど、返信はありませんでした。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    (株式会社ウェイブダッシュ)
  • 憧れのネス湖でNY在住日本人社長が出会ったモンスターは「人間」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい