脳神経解剖学者が断言。顔を見ればその人の全人格がわかるワケ

shutterstock_712523161
 

「いい人だと思っていたのに、がっかりした、裏切られた」…。そんな経験をされたことがある方、多いかと思います。やはり人を見抜くのは難しいことなのでしょうか。今回の無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』では、「人の本性はすべて顔に現れる」とする、京都大学第16代総長も務めた平澤興氏の講話を紹介しています。

「顔は心の窓」──顔を見ればその人がわかる 平澤興

いつも申します通り、身体の中ではだかになっておるのは顔だけであります。化粧をしましても、塗るだけでありますから、それは目の慣れない人から見ればひととおり綺麗でありますが、化粧の美は本当の美ではありません。

慣れた目から見ますというと、化粧も遠くに飾っておれば結構ですけれど、話をして一度か二度笑わせてみればその人のもとの顔が出るのであります。ごまかすことはできません。

一度笑わせたあとに一番もとの顔になります。鬼のような顔は上手に笑っても、きれいな顔が笑っても、笑ったあとの瞬間の表情を、顔を見れば瞬間であります。

もとの顔であります。これはおそろしいものであります。ですから私、いつも申します通り、ごく大事な人事には書いた履歴書はとりません人からも聞きません。人から聞いても、その人の言うことはあてになりません。書いたものもあてになりません

なぜなら、昔はちょっと面白くなくて罪を受けた、罰を受けたという人でも、それを通り越して、乗り越えて、さらに立派な人になっておるんなら、昔のことを責めることはないと思うのであります。私はそう思います。むしろ昔間違いをおかして今日は普通の人より偉くなっておるというその人の努力はたいしたもんであります

私は大学におります時も重要な人事は決して人に聞きません。人に聞きますというと、本当にいい人が悪口を言われる場合があります。書いたものを見てもなんだか途中に妙なところがあります。そんなものに気をとられますと、適切な人事はできません。

まず真っ先に会う。会ってしばらく話をしておりますと、これはもう、誰がどう言っても確かであります。

まあ決してということが言えるかどうか、私の経験の範囲内では、私は幸い「決して」という思い間違いをしたことはありませんでした。これはいい人だと思ったのにあとからなんとということは一度もありません

しかしまあ、私は幸運であったと思います。だから、決してとはよう言いませんけれども、まず間違いはないのであります。

顔ははだかであります顔は心の窓であります。心がちゃんと顔に出ておりますから、自信とかそんなものとは違います。

image by: Shutterstock.com

致知出版社この著者の記事一覧

京セラ・稲盛和夫氏、サッカー日本代表・岡田武史氏など、人間力を高める月刊誌『致知(ちち)』に登場した各界一流人の名言や仕事術など、あなたの「人間力アップ」に役立つ情報を配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 致知出版社の「人間力メルマガ」 』

【著者】 致知出版社 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 脳神経解剖学者が断言。顔を見ればその人の全人格がわかるワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい