NY在住日本人社長が10年ぶりの香港のタクシーで感じた変化と持続

shutterstock_1193762089
 

11月でニューヨーク在住20年になるという米国の邦字紙『NEW YORK ビズ!』CEOの高橋克明さんが、自身のメルマガ『NEW YORK 摩天楼便り-マンハッタンの最前線から-by 高橋克明』で、3週間に亘ったアジア出張記を届けてくれました。第1弾の今回は、ラスベガスを経由しての香港到着まで。NY以外で感じる車社会アメリカの実態と、10年ぶりとなった香港の空港からのタクシーで感じた変化、そして10年経っても変わらない部分を伝えています。

秋のアジア出張

来月、在ニューヨーク20年目に突入します。自分だけは「アメリカ暮らしの変な日本人」にならない自信がありました。大人になってからアメリカに渡ったから。これ以上ないほど、日本人だと自覚しているから。ただ…20年も経つとどうやらそうとは言い切れないようです。あきらかに浮きまくった、ラスベガスー香港ーマカオを経由した、日本出張記をお届けします。

翌日、飛行機に乗るくせに、新日本プロレスのニューヨーク大会のうちあげに参加、でっかいレスラーたちと飲んで、おつかれさまして、タクシーに乗った頃にはうっすら明るくなっていました。

うちあげに一緒に参加したうちの社員、20代の女性インターンは、たまたまスーパースター棚橋弘至選手の前の席に座り、あまりのカッコよさにぽーっとなり、帰り道、家路とはまったく真逆の方向に行く僕のタクシーに何も考えず乗り込んでくるほどでした。バカなのか?到着してから、また逆方向へのタクシーに乗せました。余計な経費をかけた彼女に反省の色はなく、お酒の入った顔で「タナハシ、カッコよかったぁ~」とつぶやいて帰っていきました。明日から3週間の海外出張、社長、気をつけてー、のひとこともないまま。

シャワーを浴びて、うとうとベッドで仮眠をとったら出発です。子供が生まれる前は出張、特に母国日本へのビジネストリップは楽しいイベントでした。今は、結構、キツイ。幼稚園に通い始めたばかりの双子と離れるのは、結構、せんちめんたるになります。でも、仕事なので仕方ありません。今回は、日本に行く前に、一回ラスベガスに寄り、そのあと香港にも寄ります。3週間分のスーツケースは50キロを超えています。完全に体力勝負です。30代には意識することすらなかった自身の体力を疑いまくりです。大丈夫か、おじさん。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • NY在住日本人社長が10年ぶりの香港のタクシーで感じた変化と持続
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい