ニューヨークの変化のスピードを実感。ハドソン・ヤード最新情報

shutterstock_1344629432
 

今年3月に本格オープンしたニューヨークの再開発エリア「ハドソン・ヤード」ですが、まだまだ開発は続いており、NYで一番高い展望バルコニーのエッジのオープンは来年3月に決まったようです。伝えてくれるのは、『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でニューヨーク在住のりばてぃさん。新しい施設の誕生に加え、既存の店舗もコンセプトが次々変化するなど、街づくりや店舗づくりの参考にはうってつけのエリアだとオススメしています。

臨機応変ハドソン・ヤード

このメルマガやブログのほうでも度々取り上げている、今、ニューヨークでもっとも熱い再開発エリアのハドソン・ヤード(Hudson Yard)。

すべて完成すればアイルランドのGDPを超える規模の年間189億ドル(1兆8,900億円)もの経済効果となるというだけあり、まだまだ開発途中だが少しずつ着実に工事は進められており、つい先日もニューヨークで一番高い(東京タワーより高い?!)展望バルコニーのエッジ(Edge)がついに来年3月に一般公開されると発表されニュースに。

すでに公式サイトでチケット販売が開始されたので、この時期に確実に行けるという方は、十中八九混むので、今からチケットを購入しても良いかもしれない。

ご参考:
エッジ公式サイト

ちなみに、さすがアメリカという感じの興味深い現象としては、進捗に合わせて内容を思いきって変更するという点。

エッジについては今年7月にブログのほうで以下の内容で取り上げたのだが、その時は、「パブリック・バルコニー」と公式サイト上で表現していた。パブリックは無料という意味に捉えられる表現なので無料で公開されるの!?と驚いていたのだけど、それが、最新の発表では有料に変更されたのだ。

ちなみに春ごろに発売されたニューヨーク・マガジンのハドソン・ヤード特集では有料の展望台と伝えられていた。これは憶測だけども、内部で議論があったのだろう。

同じくハドソン・ヤード内にある超巨大体験型アート兼展望台の『ヴェッセル』が無料であることで、人を呼び込むアトラクションになっていることも影響があったのかもしれない。なんだかんだ検討されて、結局、有料となった。実は、こういうことはアメリカにはよくある。その場に応じて必要と判断したら、それまでの規程をがらっと覆したりするのだ。

最近の顕著な事例では、ノリータにできた新たなプラットフォームとしての小売店の1つ『ショーフィールズ』(SHOWFIELDS)がある。今年春、主にD2Cの小売店を多く誘致しこれまでのセレクトショップ的なものではなく、販売や売上データの管理、マーケティングやプロモーションもこなす新たなタイプの小売店としてオープン

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • ニューヨークの変化のスピードを実感。ハドソン・ヤード最新情報
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け