1、2歳児のおもちゃの取り合いは成長の機会。親がすべき3つの対応

shutterstock_728750857
 

わが子が他の子のおもちゃを取ろうとして泣かせたり喧嘩になったり。どう対応していいか悩む親御さんも多いようです。メルマガ『子どもを伸ばす 親力アップの家庭教育』の著者で家庭教育のプロの柳川由紀さんは、1~2歳児であれば当然起こることで、社会性を育む大切な経験なのですぐに介入してはいけないとアドバイス。相手の気持ちがわかり、自分の気持ちを伝えられる子に育てる声の掛け方など、対応方法を具体的に教えてくれます。

おもちゃの取り合い、あぁどうする?

Question

shitumon

息子が他所の子どものおもちゃを見つけると、自分のおもちゃを放っておいてすぐにその子のおもちゃを取ってしまいます。当然、喧嘩になってしまうわけですが、毎回どうしたらいいのかと悩みます。(2歳男児のお母様より)

柳川さんからの回答

1~2歳児の子どもたちの間では、おもちゃの取り合いはよく起きます。自分のものと他人の物の区別がまだつかないので、気になるものは全て自分の物だと思っているからです。親としての対応をお伝えします。

1.出来るだけ見守る

モノの取り合いが始まると、親が、相手の親に悪く思い、すぐに介入している姿を見かけます。けれども、2歳の子どもにとっては、なぜ親が介入するのかもどうしてそのおもちゃを取り上げられてしまったのかもわからないままになります。

お互いの保護者同士で、子どもたちの様子をしばらく何もせずに見守りましょう。子どもたちは、自分の思い通りにならないことを身をもって学び、心の成長に繋がります。

2歳では、まだ「心の理論」(外から見えない相手の心の働きを想像すること)が未熟なため、相手の気持ちは全くわかりません。「自分の物は自分のもの、相手の物も自分のもの」状態です。

しかし、この時期の子どもの成長には目を見張るものがあります。昨日できなかったことが今日できるようになることもあるのです。ですから、まずは子どもの欲求を抑圧せずにそのまま表現させ、しばらく見守ることをお勧めします。もちろん、取り合いがエスカレートした時には、仲裁に入りましょう。

2.子どもの気持ちに共感する

子どもが言葉を上手に話せない時期は、親が子どもの気持ちに共感したり、確認したりしてその気持ちを声に出してあげましょう。例えば、「そのおもちゃ、お友達に渡したくないの?」「〇〇ちゃんごめんね、まだ使いたいから貸してあげられないの」。

同様に「そのおもちゃ、楽しそうね、使ってみたい?」「お友だちに使っていいか聞いてみようか?」。おもちゃを取られて泣いているときは、「取られて悲しくなっちゃった?嫌だって言おうよ」と、自分の気持ちを相手に伝えることを教えましょう。

そして、「貸して」「いいよ」「ありがとう」「ごめんね」という言葉をそのつど使い、子どもに、どういう時に「貸して」と言うのか、そう言われたらどう答えるのか、貸してもらった後は何と言うのか、泣かせてしまったら何と言うのか、などを経験させつつ学ばせましょう

print

  • 1、2歳児のおもちゃの取り合いは成長の機会。親がすべき3つの対応
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け