情け容赦無用。中国の内部文書リークで判明した人権弾圧の実態

shutterstock_634594784
 

先日、中国の政府関係者がリークした内部文書により明らかになった、習近平政権によるウイグル人に対する人権弾圧の「非情」な真実。そこには弾圧に関して「情け容赦は無用」という非人道的な文言も見られますが、中国当局は香港デモの参加者にも同様の姿勢を持ち臨んでおり、そしてそれはいずれ台湾にも及ぶとするのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんはメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で今回、そう判断する理由を歴史を振り返りつつ記すとともに、「来年1月に控えた台湾総統選の結果いかんによっては、世界情勢が大きく変わることになる」との見方を示しています。

※ 本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2019年11月20日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄(こう・ぶんゆう)
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【中国】いま中国で起きている「五独乱華」という大変動

ウイグル人に「情け容赦は無用」、中国政府の内部リークで新事実明らかに 米報道

ウイグルでは100万人以上のウイグル人が強制収容され、思想改造が行われていることはすでにさまざまなメディアで報じられていますが、中国はその人権弾圧の実態を隠し、「単なる職業技能教育訓練所だ」などと主張してきました。

ウイグル問題:「大半が職業訓練所を出て就職」中国当局が説明

しかし、中国政府関係者がニューヨーク・タイムズに大量の内部文書をリークしたことによって、その実態が暴露されました。

文書によれば、習近平は2014年のウイグル自治区の鉄道駅で起こった31人が死亡したウイグル人による「テロ」事件後の当局者への演説で、独裁システムを利用して、「テロ侵入分離独立に対しては、「情け容赦は無用だと徹底的に弾圧することを指示したそうです。

そして、2016年にウイグル自治区の党書紀に就任した陳全国は、この演説内容を自治区当局者らに配布し、ウイグル人の摘発強化を促したことも明らかにされています。陳の党書記就任後、収容施設が急増したと書かれています。

現在、香港の動乱は、香港警察が香港中文大学、香港理工大学へ突入し、数千発の催涙弾さらには実弾まで使用し学生らを拘束・逮捕する事態にまで至っています。心配する親たちが学生らに食料を届けようとしても警察に阻まれ、兵糧攻め状態だといいます。

11月に入って香港警察の鎮圧が激化するようになった背景には、前回「中国の差し金か。香港デモに乗じて市民を分断する中共の『犬』」でも書きましたが、林鄭月娥行政長官が11月4日に上海で習近平と会談し、習近平から「暴力と混乱を阻止し、秩序を回復させることが香港の当面の最重要任務だ。法に従って暴力を止め、処罰することが香港民衆の幸福を守ることになる」と言われたことがあります。

習近平は林鄭長官に対し、「高度な信頼」を伝えたそうですが、要するに「はやく何とかしろ失敗したらわかっているよなという脅しです。

習近平氏、香港長官に「高度な信頼」 更迭観測打ち消し

中国政府は香港デモについて、一貫して「テロに近い行為だ」と批判してきました。つまり習近平にとって香港デモは、前述した「テロ、侵入、分離独立」の動きに他ならないのです。だから「情け容赦は無用」であり、実弾を使ってでも鎮圧すべきものなのです。

香港警察のなかには、すでに中国の人民解放軍や公安メンバーが入り込んでいるとも囁かれています。そうでなくては、同胞である香港人をあれほどひどく打ちのめすことはできないからです。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 情け容赦無用。中国の内部文書リークで判明した人権弾圧の実態
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け