今までの外交努力が水の泡。習近平「国賓」で安倍首相に痛烈批判

 

アメリカを裏切る安倍総理

つづいて記事は、アメリカの行動と日本の行動が正反対」であることを指摘します。

トランプ米政権は今、中国との貿易戦争の真っ最中にいる。困難な協議を経て第1段階の合意に達したとはいえ、対立そのものが解消されたわけではない。何しろ、ペンス副大統領やポンペオ国務長官が繰り返し演説で表明しているように、アメリカは中国共産党そのものを悪の存在と見なし、体制に不信感を抱いている。経済分野の対立だけでなく、ウイグル人に対するホロコースト同然の弾圧や香港人に対する厳しい鎮圧は、まさに中国共産党の本質を物語る行為だと理解されている。
(同上)

重要なのは、「アメリカは中国共産党そのものを悪の存在と見なし」というところ。さらに、「ウイグル人に対する【ホロコースト同然の弾圧」という部分。日本政府は、ナチスがユダヤ人を大虐殺しても、全然気にしませんでした。そして今は、中国政府がウイグル人に対してホロコースト同然の弾圧」(引用)をしていても、全然気にしない。なぜ????

片や、安倍政権はアメリカの価値観と完全に相いれない独裁政権と「世界平和」を構築しようとしている。アメリカの識者たちの目には、戦前の大日本帝国がナチス・ドイツと秘密裏に交渉を続け、同盟を結んだ「悪の枢軸」を想起させてもいるようだ。
(同上)

この比喩は、まさに私が毎度毎度繰り返しているものと同じです。日本政府の今の行動は、ナチスの同盟国になった愚かな戦前日本政府と同じ」なのです。アメリカの識者たちも、同じように見ている。

なぜ安倍総理は、アメリカを裏切るのか?

なぜ安倍総理は、あっさりアメリカを裏切るのでしょうか?

安倍首相を転向させたのは、いまだに「エコノミック・アニマル」の境地から脱出できていない経済界だろう。世界を代表するソニーとシャープは中国にウイグル人を監視する顔認証システムの部品を輸出してきた。無印良品とユニクロの製品には新疆ウイグル自治区で生産されていた綿花が利用されていた。そして、日本の大手飲料メーカーはビールの原料であるホップを同自治区で栽培していた。日本人が日常的に使う多くの製品にも、強制収容施設内に閉じ込められ、無理やり働かされたウイグル人の血と涙が染み込んでいる。
(同上)

まあ、この部分については、「欧米も日本のこといえないよね」と思います。しかし、最大の問題は、「皆が中国の人権問題を指摘しはじめたタイミング」で中国に接近する日本政府の【 KYさ 】でしょう。

たとえば、ある学校ではひどいいじめが横行し、隠蔽されてきた。そのことが暴露され、世界中が、その学校をバッシングしはじめている。その時、日本人は、ひどいいじめを隠蔽している校長先生に会い、「がんばって金儲けしていきましょう!!!」なんていっている。たとえれば、日本政府がやっていることは、こんな感じで
す。

世界中の人が、「中国政府はウイグル人100万人を閉じ込めていることを心配し、声をあげはじめた。そこに日本人が来て、「がんばって金儲けしましょう!」。これじゃあ、「日本は、人権完全無視国家だな」と思われても仕方ありません。

金儲けを優先する経済界は中国での利権を確保し続けたい。だから、人権や民主主義といった基本的な理念を捨てて、中国にべったりとなっている。そして、経済界からの支持で自らの「アベノミクス」の成功物語をレガシーに作り替えたい政権が、同盟国アメリカを「裏切る」方向へ舵を切りつつある──少なくともそう見える。
(同上)

金儲けのために、

同盟国アメリカを「裏切る」方向へ舵を切りつつある

アメリカからは、そう見えるそうです。そして、この件に関しては、100%日本政府が悪いといえるでしょう。

著者のアメリカシンクタンクの友人は、こんなセリフを残して帰国したそうです。

「地獄を見ない限り、日本人は覚醒しないだろう」と、米シンクタンクの友人は吐き捨てて帰国の途に就いた。
(同上)

今回の出所はこちら。

基本的人権の理念を捨て、習近平を国賓に迎える安倍政権

image by: 首相官邸

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

print

  • 今までの外交努力が水の泡。習近平「国賓」で安倍首相に痛烈批判
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け