筋トレのプロに聞く「私が今年新たに始めようとしていること」

shutterstock_375235246
 

ストイックに体作りに励む人たちは、年が改まるタイミングで新たなチャレンジを始めるという人が多いようです。そんな中、あまり大きな目標や変化を掲げないようにしていると語るのは、メルマガ『届け!ボディメイクのプロ「桑原塾」からの熱きメッセージ』の桑原弘樹塾長です。桑原さんは、新年の高揚感のままに立てた目標は継続に不安があるとという考えから、無理なくできるチャレンジや変化をオススメ。自身の「小さなチャレンジ」として、グルテン半減や積極的休養に取り組むことなどをあげています。

桑原塾長が新しい年に始めること

Question

shitumon

新年を迎えるにあたって、心機一転何か新しい事をやってみようと思うのですが、何かお勧めなものってありますか?トレーニングやサプリメント関連など、なんでも構いません。桑原さんが新年から始めようとするものがあれば、教えてもらえたらと思います。(36歳、男性)

桑原塾長からの回答

新年は自然と気持ちが引き締まりますし、新しい事にチャレンジする意欲も湧いてきますよね。この気持ちを利用しない手はありません。ただ、私の場合はあまり大きなチャレンジやガラッと変えてしまうような事は新年からはやらないようにしています。

例えば、コンテストに出ると決めたとして、食事の内容やトレーニングの強度などもガラッと変える場合にも、新年から始める事は避けています。1月後半くらい、もしくは2月に入ってからでしょうか。新年独特の雰囲気の中で始める事が、その雰囲気が無くなった時に継続出来るか自信がないからです。

私が新年から始めようとすることは、比較的ハードルが低くて、その後、通年続けられるようなチャレンジが多いのです。トレーニングで言えば、すべての種目の日の最後にチンニングを入れようとか、ネックマシンの負荷を1プレート重くするとか、腹筋はプローンローリングに変えるとかでしょうか。サプリメントでしたら、クレアチンローディングを始めるとか、新しいサプリメントを取り入れてみるとかといった具合です。

2020年に関してはとりあえず3月までくらいのイメージで、いったんクレアチンを止めようと思っています。いわゆるエルゴジェニック的なものを少しお休みする期間を作ってみようかと考えています。

トレーニング中のBCAAはさすがに外せませんが、とりあえずアミノ酸漬けみたいな状態はやめて、極力一般の食材を上手に活用することで血中アミノ酸濃度を維持出来たらなと思います。ナチュラス思考に少し近付けるイメージかもしれません。

そして積極的にやってみたいのは、前号でも少し触れましたグルテンフリーです。ただし、完全なグルテンフリーはストレスを伴いそうなので、グルテン半減くらいの感じで捉えています。自然とお米の活用が増えていきます。

そして、個人的に注目している「ソルガムキビ」の採用です。目下、この原料調達に動いているところですが、癖のない味だけに3ヶ月間様々なシーンで活用してみたいと思っています。具体的なメーカーなどが決まりましたら、またご参考までにお知らせしますね。

そして、グルテンフリーと合わせて少し意識を高めたいのが、食物繊維です。ソルガムキビはとりわけ食物繊維が豊富で、翌日の体調を快適に感じるのは、グルテンフリーもさることながら食物繊維のせいだと思っているからです。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 筋トレのプロに聞く「私が今年新たに始めようとしていること」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け