終生権力者か、死か。大統領引退後のプーチンを襲うロシアの現実

shutterstock_127390718
 

1月15日、ロシアのメドベージェフ首相が内閣総辞職で解任となり、プーチン大統領が指名した次期首相は無名の人物でした。プーチン氏はさらに、「大統領や議会の権限変更」の憲法改定も提案。これらの動きを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、ロシアでは既に「プーチン任期終了後」を見据えた権力争いが始まっているとし、詳しく解説しています。

プーチンは、なぜメドベージェフ首相を首にした?

ロシアのメドベージェフ内閣が15日総辞職。新首相には、「無名」といってもいい、ミシュスチン連邦税務局長官が就任しました。今日は、この話を。

ロシア政治の基本を抑えよう

まず、基本の話から。ロシアには大統領と首相がいます。大統領がトップで、首相がナンバー2。プーチンは2000年に大統領になりました。2000年5月~04年5月が1期。04年5月~08年5月が2期。この8年間、ロシア経済は、毎年平均7%の成長をつづけました。まさに、プーチンの「黄金時代」。07~08年、ロシア政府高官たちは、「ロシアルーブルを世界通貨にする!!!」などと豪語していたものです。そのくらい勢いがあった。

08年、プーチンは、大統領を辞めました。憲法の規定で同じ人は、連続2期までしか大統領になれない。それで、若くて何の基盤もないメドベージェフを大統領にした。08年5月~12年5月は、メドベージェフ大統領の時代です。プーチンは、名目上ナンバー2の首相でした。

メドは、基盤がないので、プーチンには逆らわないと思われていました。しかし、次第に彼は増長し、反抗的になっていきます。たとえば、11年のリビア戦争。プーチンは、この戦争に反対でした。しかし、アメリカ好きのメドは、国連安保理で拒否権をつかわず、事実上米英仏のリビア攻撃に「お墨付き」を与えてしまいました。さらに、「2期目への野心を語りはじめた。そう、メドは、プーチンを裏切ったのです。しかし、権力争いでプーチンに勝てず、結局2012年に引退させられました。

2012年5月、プーチンは、大統領に返り咲きました。メドの時代、憲法が改定され、大統領任期は4年から6年に延ばされています。それで、プーチン3期目は、2018年5月までです。首相は、メドがなりました。なぜ、プーチンは、裏切り者のメドをまた首相にしたのでしょうか?はっきりわかりませんが、メドをスケープゴートにしようとしたのでしょう。

3期目は、プーチンにとって、厳しい時代でした。2014年3月、プーチンは、クリミア併合を断行した。プーチンの支持率は跳ね上がり、9割近くに達した。しかし、それで、欧米日から制裁を科され、現在に至っています。ロシア経済はボロボロになり、プーチンの支持率も下がっていきました

2018年5月、プーチンは、4期目に突入しました。任期は2024年5月までです。その後どうする?日本国の首相みたく、安心して引退することはできません。プーチンは引退後、新大統領の潜在的脅威」になるでしょう。だから、「無力化」するために、逮捕されるかもしれない。あるいは殺されるかもしれない。少なくとも、ロシアでは、そう考えます。

政治家が死んだ。ロシア人は、「クトーザカザール?」(誰が殺しを予約したんだ?」と自分自身にも他の人にも質問します。たとえその政治家が病没であっても、「毒だな…」と考える。プーチンだって、同じように考えるでしょう。だから、彼は「死ぬまで権力にとどまる必要がある」のです。

現行の憲法のままだと、プーチンは、「連続2期務めた」ので、また「お休み」しなければならない。今度は、6年間他の人に大統領をさせ、自分はどうする?何の基盤もなかったメドでさえ裏切った。他の奴もきっと裏切るに違いない。6年も大統領してたら、当然そうなるよな。リアリスト・プーチンは、きっとそう考えるでしょう。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 終生権力者か、死か。大統領引退後のプーチンを襲うロシアの現実
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け