大人スイーツ「バスク風チーズケーキ」が日本で大ヒットした理由

nh20200316-e
 

これまでになかった食感が大受けし一大ブームとなっている、バスク風チーズケーキ。ポストタピオカ間違いなしとも言われる欧州生まれのこのスイーツ、なぜここまでの人気を博すに至ったのでしょうか。フリー・エディター&ライターでジャーナリストの長浜淳之介さんは今回、その火付け役となったローソンの取り組みを詳細に記すとともに、バスク風チーズケーキのルーツや日本におけるパイオニア、さらに国内の名店等を紹介しています。

プロフィール:長浜淳之介(ながはま・じゅんのすけ)
兵庫県出身。同志社大学法学部卒業。業界紙記者、ビジネス雑誌編集者を経て、角川春樹事務所編集者より1997年にフリーとなる。ビジネス、IT、飲食、流通、歴史、街歩き、サブカルなど多彩な方面で、執筆、編集を行っている。共著に『図解ICタグビジネスのすべて』(日本能率協会マネジメントセンター)、『バカ売れ法則大全』(SBクリエイティブ、行列研究所名儀)など。

コンビニで燃えるバスク風チーズケーキ戦争

昨年ブームとなり、今年に入ってさらに人気が加速しているのが、「バスク風チーズケーキ」という商品だ。今やスイーツ部門の人気度では、ポストタピオカの有力候補筆頭と言えるだろう。

この代表的な商品が、「ローソン」から発売されている「バスチー」。この「バスチー」は昨年、10ヶ月足らずでなんと3,600万個を売る爆発的ヒットとなり、バスク風チーズケーキは世に知られるようになった。

ローソン バスチー

ローソン バスチー

追従した競合のコンビニ「セブン‐イレブン」や「ミニストップ」でも、バスク風チーズケーキはスイーツで最も売れている商品の1つである。

ブン-イレブン バスクチーズケーキ

セブン-イレブン バスクチーズケーキ

ミニストップ バスク風チーズケーキ

ミニストップ バスク風チーズケーキ

今ではスーパーでも、「イオン」系列の店舗をはじめ、高級スーパーの「成城石井」や「紀ノ国屋」で類似の商品が広く販売され、「銀座コージーコーナー」のような伝統ある洋菓子店でも売り出した。

紀ノ国屋のバスク風チーズケーキ

紀ノ国屋のバスク風チーズケーキ

外食では、ファミレス「ココス」、回転寿司「スシロー」(現在は販売終了)、イタリアンカフェチェーン「セガフレード・ザネッティ」、居酒屋チェーン「くいもの屋 わん」の他、市中のスペイン料理店やカフェなどで提供されている。

セガフレード・ザネッティのバスク風チーズケーキ

セガフレード・ザネッティのバスク風チーズケーキ

また、バスク風チーズケーキ風味の菓子パン、プリン、アイスなども各メーカーから発売され、「ミニストップ」では店内調理でソフトクリームを販売と、関連商品にまで広がってきている。

「Yahoo!検索大賞2019」で、「ローソン バスチー」はプロダクトカテゴリーにて、スイーツ部門賞を受賞している。

一昨年は北海道のチーズケーキ「赤いサイロ」がスイーツ部門賞、「ルタオチーズケーキ」がお取り寄せ部門賞(2年連続)を受賞しており、近年の流れとしてチーズケーキ全般に関心が高まっている。

print

  • 大人スイーツ「バスク風チーズケーキ」が日本で大ヒットした理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け