住民説明会で居眠り、Google Earthで測量。防衛省の呆れた不始末

1280px-AegisAshore_DeckHouseComplex_in_Hawaii
 

新型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』について、候補地とされていた秋田市内の新屋演習場への配備を断念したとの報道がありました。断念については、河野太郎防衛大臣が否定していますが、いずれにせよこの混乱を招いた原因は防衛省の不始末にあると、軍事アナリストの小川和久さんは、自身が主宰するメルマガ『NEWSを疑え!』で嘆きます。そして、同様のことが辺野古移設問題にもあること、さらには新型コロナ対策においても同様の問題があると厳しく指摘しています。

イージス・アショアと辺野古

コロナがひと山越えた感じが出てきて、自粛の解除など社会活動再開への動きが見え始めました。このまま終息すれば、こんなによいことはありませんが、油断は禁物です。過去のペスト、天然痘、スペインかぜにしても、第2波、第3波でも多数の死者が出ているからです。さらに身を引き締めて、なんとかコロナを乗り越えたいものです。

そういうなか、コロナ以外の動きも活発になってきました。検察官の定年延長問題などはそのひとつですが、今回は防衛省が抱える問題を取り上げたいと思います。5月になって、日本列島を弾道ミサイルから守るためのイージス・アショアについて、動きがありました。

「『イージス・アショア』の配備をめぐり、防衛省は候補地としていた秋田市内にある自衛隊演習場について、住宅地に近すぎることや地元の反対が根強いことも踏まえ配備を事実上断念し、新たな候補地を秋田県内を中心に検討する方針を固めました。

 

新型迎撃ミサイルシステム『イージス・アショア』の配備をめぐり、防衛省は秋田市内にある陸上自衛隊新屋演習場を候補地としましたが、ずさんな調査を受けて、この演習場を含む東北の20か所の国有地で再調査を行っていて、候補地の検討を進めています。

 

ただ、新屋演習場をめぐっては、ことし1月に秋田県の佐竹知事が河野防衛大臣に対し「地元の理解を得るのは難しい」と伝えるなど地元が配備に反対しています。

 

こうした中、防衛省は候補地の検討にあたって住宅地からの距離を重視した結果、新屋演習場は住宅地に近すぎると判断し、地元の反対が根強いことも踏まえ配備を事実上断念しました。

 

ただ、防衛省は全国2か所に配備する『イージス・アショア』で日本全域をカバーするためには秋田県内への配備が望ましいとしていて、再調査の対象を増やすことも含めて、引き続き秋田県内を中心に新たな候補地を検討することにしています」(5月6日付NHKニュース)

昨年、この問題が表面化したとき、私は舌打ちをしないではいられませんでした。それというのも、2018年9月25日、秋田県の佐竹敬久知事と話す機会があり、イージス・アショアを受け入れてもらえるという感触を得ていたからです。

この日は時事通信社内外情勢調査会の講演が秋田市であり、昼食会の席が佐竹知事の隣だったこともあり、もっぱらイージス・アショアについて話し込むことになりました。ご存じの方も少なくないと思いますが、佐竹知事は秋田佐竹家のご分家である佐竹北家(角館藩)のご当主、つまり殿様です。

しかし、単なる殿様ではなく、東北大学工学部で精密工学を専攻し、ミサイルなど軍事技術について一家言を持っている知事なのです。当然、弾道ミサイル防衛の重要性、イージス・アショアの立地についても、きちんとした知識を持っています。あとは周辺住民の皆さんの不安を払拭するだけの説明を防衛省がしてくれれば、といった話だったのです。

print

  • 住民説明会で居眠り、Google Earthで測量。防衛省の呆れた不始末
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け