韓国が激怒した、軍艦島「在日差別なし」展示。嘘つきはどちらだ

shutterstock_294591344
 

2015年に世界文化遺産に登録された長崎県の軍艦島(端島)に関する日本の説明に対し、歴史歪曲を訴え激怒した韓国政府が、ユネスコへの問題提起を辞さない姿勢を見せています。しかし「そもそも強制労働自体が虚構」と言い切るのは、台湾出身の評論家・黄文雄さん。黄さんは今回、自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、そう判断する「歴史的根拠」を明記した上で、韓国の歴史的抗議に耳を貸す必要はないとしてその理由を記しています。

※本記事は有料メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』2020年6月18日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会に初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:黄文雄こう・ぶんゆう
1938年、台湾生まれ。1964年来日。早稲田大学商学部卒業、明治大学大学院修士課程修了。『中国の没落』(台湾・前衛出版社)が大反響を呼び、評論家活動へ。著書に17万部のベストセラーとなった『日本人はなぜ中国人、韓国人とこれほどまで違うのか』(徳間書店)など多数。

【韓国】もう歴史問題で韓国を相手にしても意味がない

外交部、「軍艦島歴史歪曲」日本糾弾「ユネスコに問題提起する」

韓国政府は、2015年にユネスコの世界文化遺産に登録された軍艦島(端島)などについて展示している、東京の産業遺産情報センターでの軍艦島の説明が、朝鮮人の強制労働を否定する内容の証言や資料ばかりだということで、ユネスコに緊急書簡を送り、問題提起しました。

もともと、軍艦島は「明治日本の産業革命遺産」のひとつとして、2015年、ユネスコの世界文化遺産に登録される際、韓国側が「戦時中に朝鮮半島出身者が強制労働をさせられた」として、登録に反発した経緯があります。

そこで日本側が、「第二次世界大戦中に日本政府としても徴用政策を実施していたことを理解できる措置を講じる」としてセンター設立を表明し、韓国側がようやく登録を認めたわけです。

このとき韓国では「韓国政府の交渉術の結果、日本を屈服させた」と外交勝利を大々的に謳っていました。おそらく韓国では、「強制的に連れてこられた朝鮮人たちが強制的に過酷な労働を強いられた」などという説明がつくのだと思ったのでしょう。

ところが、日本側が現地で働いた経験のある人たち、そしてその家族らの証言を集めたところ、「強制連行され、差別的な地獄のような労働をさせられた」などという証言はありませんでした。もともと嘘なのだから当たり前です。

むしろ、父親が軍艦島の炭鉱で働き、自身も小学校4年生まで過ごしていたという在日韓国人2世の元島民は、「いじめられたとか、指さされて『あれは朝鮮人ぞ』とか、そういったことは全く聞いたことがない」という証言しか出てきませんでした。

軍艦島元島民「徴用工差別、聞いたことない」施設で紹介

この証言が産業遺産情報センターで展示され、韓国側が激怒したわけですが、そもそも強制労働自体が虚構です。しかも、これまでも日本側はユネスコへの報告で、朝鮮人強制労働については、削除してきました。だから、韓国側としても、日本が応じないことは分かっていたはずです。

日本、軍艦島ユネスコ報告書から「朝鮮人強制労働」全削除

すでに2016年の時点で、軍艦島がある長崎市は、元島民からの聞き取りをもとに、「島民は、一つの家族のようであったといわれている」という文章を策定して、観光部局等に配布していました。

韓国側のレッテル貼りを一蹴 「島民は一つの家族のようだった。監獄島ではない」…軍艦島など説明指針策定、長崎市

韓国側は軍艦島を「監獄島」などと呼んでいますが、誰もそのような過酷な実態を述べる、元島民がいなかったわけです。韓国国内にいる、反日派の妄想でしかありませんでした。

print
いま読まれてます

  • 韓国が激怒した、軍艦島「在日差別なし」展示。嘘つきはどちらだ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け