清掃技能日本一の女性に学ぶ、「人と比較しない」という成長法

shutterstock_558349909
 

とかく人は、他人と自分を比較してしまいがちなもの。しかしそこから生じるのがネガティブな感情であるならば、建設的とは言えませんよね。今回の無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』で接客販売コンサルタント&トレーナーの坂本りゅういちさんが紹介しているのは、全国ビルクリーニング技能競技会で優勝を果たしたある女性。坂本さんは、彼女の「考え方」の中に成長のヒントがあると説いています。

自分と比べる

最近、こんな本を読んだのでご紹介。

環境マイスターとして空港ターミナルビルの清掃に従事する新津春子氏は、17歳の時、中国残留孤児の父親とともに日本へ来日して以来、33年間にわたって清掃の仕事をやり続けている。

新津氏は、来日当初、日本語が話せず、とにかく生きていくために、言葉ではなく体を使う仕事を選んだ結果が、清掃という仕事だった。

見よう見まねで仕事を覚えながらも、清掃の仕事の社会的地位の低さ、給与の上がりにくさに、自立した生活ができないと感じた新津氏は、27歳で全国ビルクリーニング技能競技会出場。見事最年少で優勝を果たし、技術を武器に給与を上げていった。

現在は後進の指導や全国での講演会を行ない、清掃グッズの開発も手がけるなど、一清掃員としての枠組みを超えた活躍を続けている。

そんな新津氏が技術を身につける時にやっていることは、「人と比べることをしない」ということだった。他人ではなく、昨日の自分と比べて、「昨日できなかったことが今日はできた。じゃあ明日はどうしよう?」と考え、小さな目標を1つずつクリアしていくことで、気持ちにも余裕を持つことができ、技術が身についたと語っている。

※ 出典『Indeed特別編集 あの人の仕事論』(ウォーカームック)

自分の能力を人と比べることは簡単です。

「あの人はあんなことができるのに、私はできない」

「あの人はあんなに綺麗なのに、どうして私は綺麗じゃないの」

能力だけではなく、容姿や環境など、自分と比べて他人を見ると、時には羨むこともあります。ですが、それによって生まれるものなど何もありません。結局は「自分がどうするか」なのです。

他人と比べて、「私もできるようになろう」と発奮するならばそうした比較も大事ですが、そうではなくただネガティブになるだけなら、比較は何の意味も持ちません。昨日の自分と比べて、今日の自分は何ができるようになったかを追求しない限り、成長を図ることもできません。

比べるなら、自分。

そこに必ず成長のためのヒントがあります。

今日の質問です。

  • 10年前のあなた自身と比べて、今のあなたは何ができるようになっていますか?
  • 1ヶ月前のあなた自身と比べて、今のあなたは何ができるようになっていますか?

image by: Shutterstock.com

坂本りゅういちこの著者の記事一覧

様々な接客販売業で日本一の売上を獲得した販売員がお伝えする販売力向上の秘訣!
「もっと売れる販売力を身につけたい……」「スタッフへの指導について勉強したい……」など、接客販売力を向上させるために必要な事を毎日無料で配信中。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 販売力向上講座メールマガジン 』

【著者】 坂本りゅういち 【発行周期】 日刊

print

  • 清掃技能日本一の女性に学ぶ、「人と比較しない」という成長法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け