【書評】「飛鳥」と書いてなぜアスカ?知っておきたい地名の話

shutterstock_209440699
 

日本全国津々浦々に数多存在する難読地名。一度は「どうやったって読めない」という地名に遭遇した経験、あるのではないでしょうか。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』で編集長の柴田忠男さんが取り上げているのは、そんな地名のうんちく満載の一冊。都道府県名のルーツや地名のミステリーなどなど、知的好奇心が刺激されること間違い無しの良書です。

偏屈BOOK案内:北嶋廣敏『日本人として知っておきたい地名の話』

dc20200728-s日本人として知っておきたい地名の話
北嶋廣敏 著/毎日新聞社

地名について、その由来を中心に記した本、300ページ超。学生時代は自転車部を専攻し、社会学も学んできた。本州、四国、九州のあちこちを走ったが、北海道だけは行けなかった。合宿直前に運送アルバイトで足を負傷したからだ。今はなき武揚堂の美しい道路地図を愛用して、いつも一人で走っていた。この本にそれら懐かしい地名がいくつも出て来た。もう風景など忘れてしまったが。

第1章は47都道府県名のルーツ、第2章は難読地名のヒットパレード、第3章はびっくりユニークな地名たち、第4章は地名のうんちく風土記、第5章は地名のミステリー、第6章は地名の謎学なるほど講座。この分野を好きでなかったら、どうでもいいような情報ばかりだが、好きなんだからたまりません。じっさい自転車で訪れたところもあって、そうだったのか~と今さら納得したりして。

京都の地図。なぜ右に「左京区」、左に「右京区」が位置するのか。これは一瞬でわかった。京都御所を(平安京)を基準にしているからだ。天皇は高御座で南を向いて坐ったから、東側が左、西側が右。地図は普通、北を上にして描かれるから、右=左京区、左=右京区と、逆になってしまうわけである。

「飛鳥」と書いてなぜ「アスカ」?古代この地はアスカと呼ばれていたが、語源ははっきりしない。「明日香」とも書くが、それはアスカに漢字を当てたもの。「飛鳥」はトブトリ、ヒチョウとしか読めないが、アスカを「飛鳥」と書くようになったのは歌(和歌)において、「飛ぶ鳥の」が「明日香村」の枕詞に用いられてからで、そこから「飛鳥」をアスカと読むようになった。

どうしてそんな読み方をするのか。山形県鶴岡市に「無音」と書いて「よばらず」と読む地名がある。昔、この地の沼にいた龍神を刺激して怒らせないため、とにかく無音で通ったからだという。マニアがよく知る山形県真室川町の「及位」。修験者が崖に宙吊りになって下を見る、のぞきの修行で悟りを開き、京にのぼって高い「位」に「及」んだ。そこでこの地は及位(のぞき)になった。

知る人ぞ知る「一口(いもあらい)」は難読地名・珍名の横綱。京都府久世郡にあり、いまは「東一口」「西一口」に分かれている。この地域は出入り口がひとつしかないことから「一口(ひとくち)と呼ばれていた。恐ろしい流行病・疱瘡(「いも」ともいわれていた)の侵入を防ぐためお稲荷さんを祀り、天然痘を払う=いもを洗うから「一口のいもあらい」と呼ばれるようになった。

日田市の「一尺八寸山」は難読山名のナンバーワン。「みおやま」と読む。北アルプスの「野口五郎岳」は人名からとったのではない。芸能人の野口五郎は山名からとったものである。兵庫県篠山市の「安口」は「はだかす」と読む。山椒魚(ハダカス)のことだ。奈良県御所市の「蛇穴」は「さらぎ」と読む。蛇がとぐろを巻くことをサラキ(あるいはサラケ)という。面白いなあ。

この本には既視感がある。以前書いていたかもしれない。2008年の編集後記をチェックしたら、楠原佑介『こうして新地名は誕生した!』があった。でもその後、読んでいたかも知れない。この年に裁判員制度がスタートした。しつこくしつこく攻撃していたわたし。かつて住んでいた浦和市は「さいたま市」となったが、県名僭称・地名盗用かな書きで全国最悪ランクに落ちた。

編集長 柴田忠男

image by: Shutterstock.com

日刊デジタルクリエイターズこの著者の記事一覧

デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】 』

【著者】 日刊デジタルクリエイターズ 【発行周期】 ほぼ日刊

print

  • 【書評】「飛鳥」と書いてなぜアスカ?知っておきたい地名の話
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け