三浦春馬のカネ恋は「反日洗脳ドラマ」だった?愛国者激怒の疑惑検証

2020.10.06
231
by tututu
三浦春馬_カネ恋
 

7月に亡くなった三浦春馬さんの遺作となったドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』(TBS系)が6日、最終回を迎える。当初は全8回の予定だったが、三浦さんの死を受けて脚本を変更し4話での完結となった。ドラマの中の三浦さんの姿にさまざまな思いを馳せる視聴者がいる一方で、劇中に登場する小道具や設定の演出に「反日メッセージが込められているのでは?」との声が上がっている。

ドラマ『おカネの切れ目が恋のはじまり』に不可解な演出?

ドラマは、モノにも恋にも一途な清貧女子・玲子(松岡茉優)と、欲しいものには一直線の消費男子・慶太(三浦春馬)が出会い、ひょんなことから玲子の実家に慶太が住み込むことになる、お金の修行を通して心を通わせていくラブコメディ。

【関連】三浦春馬を誰が殺したか?“犯人”は今日もビールを旨そうに飲んでいる

漫画や小説が原作のドラマではなく、『凪のお暇』(TBS系)をヒットさせた脚本家・大島里美氏のオリジナルストーリー。そんなドラマの中のどこに不可解な演出があるというのだろうか?

反日疑惑①「SHINE」=「死ね」のメッセージ!?

三浦翔平が演じる早乙女のオフィスで会話するシーン。「SHINE」と書かれたポスターが飾られているが、なぜか他の俳優が話している時は隠れるのに、三浦さんが動き出した時だけ文字が映し出されたという。

それだけなら何も問題なさそうだが、「SHINE」という文字はローマ字で「死ね」と読めてしまう。これは日本を代表する人気俳優の三浦春馬さんを貶める演出だとネットの一部がザワついているのだ。

だが「SHINE」=「死ね」のメッセージだと誤解されることは今回のドラマが初めてではない。似たようなことが過去にもあった。そう、バリバリ保守派の安倍前首相だ。

2014年に「輝く女性応援会議」の施策の一環として、内閣府男女共同参画局がブログを始めた。そのタイトルは「SHINE!すべての女性が、輝く日本へ」。各界で「輝く」さまざまな執筆者からのメッセージを掲載するというもので、トップバッターとして登場したのが安倍前首相。

顔写真付きで掲載された安倍首相の「SHINE」は、「安倍首相が“死ね”と言っている」と解釈されてしまい、ネット民の苦笑を誘う結果となったのは記憶に新しい。

もし今回の「SHINE」に「死ね」の意味が込められていると言うならば、安倍首相もまた反日ということになってしまうだろう。

反日疑惑② Tシャツが「韓国カラー」!?

また、三浦さんが劇中で来ているTシャツについて、「韓国の国旗を意識しているとしか思えない配色」だと強く訴える視聴者もいる。

【関連】現役精神科医が分析。何が三浦春馬さんを追い詰めてしまったのか

確認してみると、確かに三浦さんは赤、青、白の3色がプリントされたTシャツを着ている。もっとも、客観的に見ると特別なTシャツでもなんでもなく、普通の視聴者なら何の感情を抱くこともなさそうな1枚だ。もし何か思ったとしても、「少し派手な色合いだな」くらいではないだろうか。

ファッション好きな人や色に詳しい人であれば、「トリコロールカラーだ」と感じる人はいるかもしれない。しかし、トリコロールカラーから発想を飛躍させるとしても、せいぜい「フランスを意識したデザインかな?」程度が関の山だろう。

このTシャツの色調だけで韓国というならば、ガンダムもHONDAのバイクもみんな韓国カラーになってしまう。

反日疑惑③ 三浦春馬さんの「役名」が!?

また、ドラマのキャラクター設定に関しても「反日メッセージが込められている」と指摘する声がある。

三浦さん演じる慶太の役名は「猿橋慶太」。これが日本人への蔑称として使われることのある猿を敢えて主人公の男性につけているではという指摘だ。また、三浦さんが来ているジャケットも茶色で猿を意識させるとしている。

茶色と名前の猿を合わせると「チャサル」となるが、これは韓国語で「自殺」を表す意味からも、「不謹慎では」「悲しくなる」との声が聞こえてくる。

print
いま読まれてます

  • 三浦春馬のカネ恋は「反日洗脳ドラマ」だった?愛国者激怒の疑惑検証
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け