バイデン氏ペンシルベニア州制し当選確実。消えた「赤い蜃気楼」

2020.11.08
4
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1190031697
 

米大統領選挙、バイデン氏が勝利。瞬く間に消えたトランプの「赤い蜃気楼(レッドミラージュ)」

現地時間3日に行われたアメリカ大統領選挙。現職で共和党のドナルド・トランプ候補の一方的な「勝利宣言」会見から4日後の日本時間8日未明、民主党のジョー・バイデン候補は、米ペンシルベニア州とネバダ州で勝利し、選挙人が過半数の270人を超え290人となった。これで、バイデン氏の当選が確定した。

shutterstock_1417577099

image by: Maverick Pictures / Shutterstock.com

トランプ氏は4日の一方的な「勝利宣言」会見で、郵便投票などの集計が終わっていない残りの票について「集計をやめさせる」などと発言していたが、まさにその「残りの票」によって、再選は幻となった。

今回の結果を不服として現在、トランプ陣営は激戦の州で複数の訴訟を起こしている。また、全米各地ではトランプ支持者による抗議の暴動などが予想されており、しばらく混乱が続く可能性が高いようだ。

トランプ氏は同7日午前、ツイッターで「大統領を奪取したと宣言すべきではない。私も主張出来るのだから。訴訟の手続きは始まったばかりだ」と投稿し、バイデン氏の「勝利宣言」をけん制していたばかり。

またAFP通信によると、今回の当選を受け、トランプ氏は「早まって勝者を装ってる」と声明を出した。

全米を覆った「赤い蜃気楼」はなぜ発生したのか?

トランプ氏は大票田のフロリダ州、テキサス州などの激戦州で勝利していたが、選挙前から懸念されていた「赤い蜃気楼レッドミラージュ)」が現実となった。

囁かれていた「赤い蜃気楼(レッドミラージュ)」とは、以下のような現象だ。

期日前投票分(バイデン氏の支持者が多い)の開票(※州によって開票が遅く、投票日以降に開票の所も)
選挙当日に投票所へ直接投票した分(トランプ支持者が多い)の開票
郵便投票による投票分(バイデン氏の支持者が多い)の開票

と、開票は以上のように進んでいるが、この過程で投票所へ出向いて直接投票した人にトランプ支持者が多く、その結果、投票日の直後はトランプ優勢」の数字となる。

一時は共和党のシンボルカラー「赤」が全米を覆い尽くすことになるが、これが郵便投票の開票結果によってほどなくに変わるため、時間が経つと消える「蜃気楼」になぞらえて、「赤い蜃気楼(レッドミラージュ)」と呼ばれていた。
この現象が起きた原因は、各候補とその支持者の「新型コロナウイルス」に対する考え方の違いから来ているようだ。

print
いま読まれてます

  • バイデン氏ペンシルベニア州制し当選確実。消えた「赤い蜃気楼」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け