auが「20ギガ2480円」新プラン発表!他社より500円安い新料金 実際どこまでお得?

2021.01.13
6
by tututu
shutterstock_1556980736
 

KDDIは13日午前、新料金プランに関する発表会を行い、月間データ容量20GBを月額2480円(税別)で提供するオンライン専用の新たな料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表した。NTTドコモとソフトバンクより500円安く、携帯3社で“最安”となる。サービス提供は今年の3月からを予定している。

auが携帯大手で“最安”となる新料金プランを発表

ドコモとソフトバンクが相次いで新しい料金プランを発表する中、その対応に注目が集まっていたau。追い詰められた形で出してきたのは、2社よりも500円安い料金プランだった。

一見すると、「auが抜きんでた」と思われそうだが、ドコモとソフトバンクにあって、auにないものがある。それは「5分以内の国内通話かけ放題」。auの新料金プランにはこれがついていない。

【関連】若者を「無制限プラン」へ誘導させたいドコモソフバンの静かな戦略

しかし、オプションにあたる“トッピング”という形で、月額500円で「5分以内の国内通話かけ放題」をつけることができる。結局はこれをつければドコモとソフトバンクと同じ、20GBで月額2980円ということになり、足並みを揃えた形となった。

携帯3社比較

auの特徴としては、さまざまなトッピングを用意することで、取捨選択を自由なものとし、ユーザーの幅広いニーズに応えたこと。追加トッピングは今後も順次拡充していくとしている。

第1弾として発表された「追加トッピング」は以下の通り。

  • データ使い放題 24時間:200円
  • データ追加 1GB:500円
  • 5分以内通話かけ放題:500円/月
  • 通話かけ放題:1,500円/月

今回発表された「povo」はオンラインに特化し、eSIMにも対応予定。高速、大容量の5Gネットワーク は今年の夏に利用可能としている。なお、ドコモとソフトバンク同様、キャリアメールは使用することができない。

【関連】ソフトバンクが「20G2980円」プラン発表。追い詰められたauの一発逆転は?

前回の発表会では「複雑でわかりにくい」「もう解約する」など散々な結果だったau。その反省を踏まえ、シンプルな料金プランにしたことで、ユーザーからは概ね好意的な声が聞こえてくる。

Twitterの反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by : Koshiro K / shutterstock

print
いま読まれてます

  • auが「20ギガ2480円」新プラン発表!他社より500円安い新料金 実際どこまでお得?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け