広島にできて全国で進まぬ謎。PCR検査すら増やせない菅政権の無能

 

しかしながら、残念なことにその動きはありません。「大型のワクチン接種会場」を作ると報じれば、国民は安心するのではないか。オリンピックへの気運も高まのではないか?「ワクチンが届きさえすれば、コロナは消える」とでも思っているかのようなコメントばかりが聞こえてきます。

先週、掲載した世界のPCR検査率を再掲しますが、このように日本の検査数は圧倒的に少ないのです。

  • 香港 約74%
  • 米国(加州オレンジ郡の場合) 約67%
  • グアム 約63%
  • 豪州 約45%
  • イタリア 約45%
  • スイス 約44%
  • オーストリア 約44%
  • マレーシア 約11%
  • フィリピン 約6.5%
  • グアテマラ 約3.6%

…日本はたったの4.4%です。

おまけに、昨年末、英医療調査会社エアフィニティーが公表した、各国の「集団免疫獲得時期の予測」で、日本は先進国の中でビリ。主要先進国がいずれも21年内だったのに対し、日本は22年4月と圧倒的に遅い。

おまけに、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)のワクチンで血栓が生じる事例が報告されたことで、欧米では集団免疫が獲得されるスケジュールの修正が行われ、欧州連合(EU)では当初の9月30日から12月8日に、米国では7月22日から9月17日にずれ込むと予想されている。

この状況を鑑みれば、22年4月より遅れることは避けられません。

頼むからエビデンスに基づく、有効な対策を強化してほしい。何度も書いているとおり、「無症状者を見つけ、隔離する」という対策を徹底してほしい。インドの変異株、カリフォリニアの変異株は、日本人に大きな脅威となる可能性が高いと指摘する研究者もいます。

メディアは、政府が発表した内容ばかりを報じていますが、今こそメディアが「科学的根拠に基づき、対策への疑問」を明確にし、東京や大阪、そして国のリーダーに「なぜ、広島ができるのに、全国でしないのか?なぜ、東京や大阪ではできないのか?」とつめる役割に徹するべきです。

みなさんのご意見、お聞かせください。

image by: Shutterstock.com

河合 薫この著者の記事一覧

米国育ち、ANA国際線CA、「ニュースステーション」初代気象予報士、その後一念発起し、東大大学院に進学し博士号を取得(健康社会学者 Ph.D)という異色のキャリアを重ねたから書ける“とっておきの情報”をアナタだけにお教えします。
「自信はあるが、外からはどう見られているのか?」「自分の価値を上げたい」「心も体もコントロールしたい」「自己分析したい」「ニューストッピクスに反応できるスキルが欲しい」「とにかくモテたい」という方の参考になればと考えています。

有料メルマガ好評配信中

  初月無料で読んでみる  

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』 』

【著者】 河合 薫 【月額】 ¥550/月(税込) 初月無料! 【発行周期】 毎週 水曜日(祝祭日・年末年始を除く) 発行予定

print
いま読まれてます

  • 広島にできて全国で進まぬ謎。PCR検査すら増やせない菅政権の無能
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け