まるで魔法。国語力が伸びるうえに親子関係も良くなる6つの方法

 

新聞の「読者の声」をネタに会話

第三に、面白いと思った新聞記事などを読み聞かせたり、一緒に読むと、子どもの知的好奇心を刺激できる。

小学生向けの新聞が一番いいが、大人の新聞でも「読者の声(投書欄)」や「コラム」「マンガ」「文化面」などで子どもが興味の持てる話を見つけたら、記事を読んで説明し、話し合おう。

特に、「読者の声」がお勧めだ。この覧には読者の主張や賛否の分かれる意見が載っているので、子どもも面白がる。ときには小学生や中学生の投稿を載せたり、子どもたちの投稿特集を組んでいることもある。

読者の声をネタに子どもたちと話し合うと、子どもの興味の幅が広がる。子どもが自分の意見を述べたら、「それは面白い意見だね。そのことを日記に書いてみたら」と、うまく書きたくなるように促す。

書くことを習慣付ける上では、親子日記が本当は一番効果的だ。6回目のコラムで「国語力を大幅にアップする親子日記」として書いたので、ご覧頂きたい。書いたり会話する中で、ことわざを使えると子どもも面白がる。「親子の会話でことわざを使おう」に書いたので、参照してほしい。

毎日の生活で、楽しみながら書ける機会を作ってやることが大切で、簡単メモ程度の手紙や、カードのやりとりを習慣にしておくことは、国語力のアップに役立つ。

子どもの卒業式には手紙を送ろう

例えば、次のようなことを実践している家庭もある。

お母さんの誕生日に、お父さんと子どもでお祝いのカードを書く

お父さんのお弁当に、お母さんと子どもで簡単な手紙を添える子どもの誕生日に、手紙やカードを送る子どもの運動会などを見た感想を書いて、子どもに渡す

家族間の連絡事項を、ホワイトボードに書く

特に節目には、父から子へ手紙を書くことをお勧めする。卒業式など、6年間を振り返った思いを面と向かって言えなくても、手紙なら書けるものだ。

返事を期待せずに書くことが大切で、子どもはこうした手紙を大事にするし、親に対する愛情や信頼感を強く感じる。親が節目に手紙を送っていれば、その喜びを知っている子どもも、何かのきっかけで親に手紙を書くようになるかもしれない。

親に書かないまでも、少なくとも、友だちや知人に手紙を書き、周囲から信頼されるような大人になるだろう。そのことが重要なのだ。

初出「親力養成講座」日経BP 2009年4月14日

image by: Shutterstock.com

親野智可等この著者の記事一覧

5年連続でメルマガ大賞の「教育・研究」部門賞を受賞!家庭教育メルマガの最高峰。教師生活23年の現場経験を生かし、効果抜群の勉強法、子育て、しつけ、家庭教育について具体的に提案。効果のある楽勉グッズもたくさん紹介。「『親力』で決まる!」(宝島社)シリーズは30万部のベストセラー。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 親力で決まる子供の将来 』

【著者】 親野智可等 【発行周期】 不定期

print
いま読まれてます

  • まるで魔法。国語力が伸びるうえに親子関係も良くなる6つの方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け