中村七之助「京都No.1芸妓と真剣交際」で注目、元カノ・トリンドル玲奈との関係は?父・勘三郎が「ブラジル人と結婚しろ!」と七之助に助言したワケ

20240611nakamurasichinosuke_eye
 

歌舞伎役者の二代目 中村七之助さん(41)と京都ナンバーワン芸妓の「真剣交際」が週刊誌にスクープされ、「ついに結婚か」と芸能マスコミがザワついています。2015年秋に女優・モデルのトリンドル玲奈さん(32)との「代官山デート」が報じられてからはや8年、「梨園のモテ男」の結婚観はどう変化したのでしょうか?そして亡き父、十八代目 中村勘三郎さんが七之助さんに「ブラジル人と結婚しろ!」と言っていた真意とは?芸能記者歴30年のベテランジャーナリスト・芋澤貞雄さんが解説します。

歌舞伎役者の二代目 中村七之助に「熱愛発覚」お相手は京都・宮川町のNo.1芸妓

二代目中村七之助が京都の芸妓と真剣交際!と『女性セブン』がスクープし、芸能関係者たちの間では“七之助もとうとう年貢の納め時が来たか…”と噂になっています。

5月29日に東京・帝国ホテルで行われた歌舞伎役者・中村米吉の披露宴に、七之助が彼女を同伴して出席したことから“梨園の公的イベントに伴わせるぐらいだから…”と、同誌は“結婚”の文字を躍らせます。

梨園関係者が御相手のことを“30代前半で京都・宮川町のNo.1芸妓。浮世絵の美人画そのままの清楚な方”というコメントも。

記者の直撃取材に「僕は絶対に結婚はしませんから…」と公言してきた高橋一生が少し前に飯豊まりえと結婚したことを考えれば、やはり一人の人間として、理想の生涯の伴侶が目の前に現れれば、これからの人生を一緒に過ごしていきたいと思うのは少しも不思議ではありませんよね。

【関連】共演者キラー・高橋一生の「すごい女性遍歴」に芸能記者が震えた訳。一生結婚できないKD男子はなぜ飯豊まりえと“ジョジョ婚”に至ったのか?

二代目中村七之助という人物は、芸能記者たちの間では“梨園のモテ男”として認識されています。

トリンドル玲奈との代官山デート、亡き父・十八代目中村勘三郎さんの「ブラジル人と結婚しろ!」の真意とは――

私が思い出すのは、2015年秋、やはり『女性セブン』が報じたトリンドル玲奈との代官山デートでしょうか。

ドイツ系オーストリア人の父と日本人母の両親を持つトリンドルと七之助というカップリングに、私は深い胸騒ぎのようなものを感じたことを憶えています。

というのも、七之助の亡き父・十八代目中村勘三郎さんが生前、冗談とも本気ともつかぬ言葉で「ブラジル人と結婚しろ!」と言っていたと聞いていたからです。

七之助はこの意味を“職業とか国籍じゃないんだよ。本気で愛したのなら、歌舞伎役者として結婚出来なきゃだめ”という意味だと解釈していましたが、随分と端折ったこの物言いは勘三郎さんらしく微笑ましく思えたものでした。

歌舞伎の歴史を紐解けば、ハーフの歌舞伎役者は明治時代から昭和初期にかけて活躍した十五代目市村羽佐衛門という方がいらっしゃったようです。

また七代目尾上菊五郎を父に持つ寺島しのぶは、2007年にユダヤ系フランス人と結婚、2012年に誕生した長男が初代尾上眞秀として歌舞伎座の初舞台を踏んでいます。

トリンドルとは仲の良い友人同士だったようですが、もし結婚となれば、クオーター·ハーフの歌舞伎役者が誕生するのか…なんて妄想しながら、2人の行方を気にかけていたものです。

話は少し横道に入りますが、2人が目撃された代官山の『蔦屋書店』近辺は、芸能記者たちにとっては有力な取材ポイントのひとつです。

以前このブログでも書きましたが、品川駅の新幹線改札口周辺とも似た、有名人との遭遇ポイントだからです。

【関連】私服姿の平野紫耀、永瀬廉…キンプリは「なぜ品川駅で」撮影されたのか?芸能記者が語る「困ったら新幹線のりば」の舞台裏

私の取材メモの“2015年秋”を振り返れば、自宅マンションから着飾って外出する有働由美子や、ジム帰りの65代・66代横綱(貴乃花&若乃花)の母、藤田紀子さんが鼻歌を歌いながら歩く姿等が確認できていました。

「梨園のモテ男」もついに年貢の納め時?お似合いの夫婦に

昨年40歳を迎えた七之助は今年2月、あるトーク番組で「40歳になると結婚しようと思って結婚するんじゃなくて、そうなれば結婚する道に行くでしょうし、あまり深く考えていないですね」と結婚観を話していました。

梨園の人気者が結婚となれば、当人たちの気持ち以外でクリアにしていかなければならない慣習やしきたりがあると思いますが、花街No.1芸妓と若女方で役者のカップルはとてもお似合いのような気がします。

天国から勘三郎さんも、あの人懐っこい笑顔を見せてくれるのではないでしょうか…「良かったよ…良かった!良かった!!」と…。

【関連】ガーシー“落語家転身”は迷惑千万。「東笑亭ガーシー」デビューに色気の東谷義和氏に「●●●●にしときなさい」厳しい助言が飛ぶ理由

【関連】滝沢秀明社長のTOBEが求人募集!で注目「芸能マネージャーってブラック仕事なの?」Number_iが好きなだけじゃ務まらんゾと記者が釘を刺す理由

【関連】橋本環奈「深刻な体調不良説」の裏で「公演ドタキャンに感謝」の声があがる訳。芸能記者「ただの二日酔いならいいが…」

【関連】小芝風花の“超ブラック労働”と女優のケジメ…記者もドン引き、過密スケジュールは事務所退所&独立への伏線だった?

プロフィール:芋澤貞雄

1956年、北海道生まれ。米国でテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌などで30年以上、芸能を中心に取材。代表的スクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在も幅広く取材を続ける。https://twitter.com/ImozawaSadao

記事提供:芸能ジャーナリスト・芋澤貞雄の「本日モ反省ノ色ナシ」

image by: 中村屋公式サイト

print
いま読まれてます

  • 中村七之助「京都No.1芸妓と真剣交際」で注目、元カノ・トリンドル玲奈との関係は?父・勘三郎が「ブラジル人と結婚しろ!」と七之助に助言したワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け