老いた脳の活性化に「ラブソング」が効く?東大卒タレントが研究報告

shutterstock_103671455
 

さまざまな研究により立証されつつある、大人の脳細胞再生の可能性。もちろんただボーッとしているだけでは再生されるはずもなく、それなりのトレーニングが必要です。メルマガ『木村美紀が明かす家庭教育の秘策』では脳細胞に関する興味深い研究結果と、木村さんが受けていたユニークな家庭教育を紹介しています。

生き生きとした脳にするために行う習慣とは!? 脳科学の視点から考える

こんにちは! 涼しく過ごしやすい季節になってきましたね♪ 最近は、風にあたるのがとても居心地いいです。

さて、先日、私は大学の公開講座で講演をさせて頂きました。60~70代の地域の方々を中心に、約140名の方々にお越しいただき、大変ありがたく思っております。

「脳とこころのサイエンス」と題して、脳科学や薬学の視点から、脳とこころの健康について考える内容でした。

脳とこころの働きについて知っておくことは、家庭教育や学習法においても非常に重要ですよね。そこで、今回のメルマガでは、公開講座の内容も一部紹介しながら、脳に関する近年の研究を紹介しつつ、家庭教育でもできる、生き生きとした脳にするために行う習慣について、一緒に考えていきたいと思います。

家庭教育においては、いかにお子さんの脳を活性化させて、脳力のポテンシャルを開花させられるかが勝負どころです。もちろんお子さんだけでなく、家庭教育を行う親御さんも一緒に脳が活性化されるはずです。

赤ちゃんの頃は、ものすごいスピードで言語を自然に覚えられるし、子供の頃は、頑張ればわりと覚えられたけれども、大人になってから、記憶力が落ちてきた気がする…。そんなことをふと思ったことはありませんか。

脳を使わないと、どんどん衰えていってしまうのではないか。脳は使っていたとしても、時間とともに脳細胞が減っていくなら、自然と脳はどんどん老いていってしまうのではないか。そんな疑問や不安が浮かんでくるかもしれません。

果たして、それは本当でしょうか。近年の脳科学の研究をご紹介していきましょう。

「脳は再生しない!」

こう唱えたのは、スペインの神経解剖学者であるサンティアゴ・ラモン・イ・カハール氏(1852~1934年)です。彼は、1906年にノーベル生理学医学賞を受賞するほど、神経解剖学の世界的な権威であります。

1928年には

「中枢神経系は損傷を受けると二度と再生しない
「損傷した脳の細胞は回復しない

という内容の研究を報告しました。

成人すると脳細胞の成長はとまり、毎日どんどん脳細胞は減っていく…、という考え方は衝撃を与えますよね。ショッキングです。脳は再生しないという考えは、カハールの呪いとも呼ばれたほどです。

年を重ねていくたびに、脳が老化していくなんて考えると絶望的で、私は年をとることが怖くなってきてしまいます…。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 老いた脳の活性化に「ラブソング」が効く?東大卒タレントが研究報告
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい