元旅行誌編集長を唸らせた、伊豆の「ファーストクラス民宿」

0
 

秋も一段と深まり温泉が恋しい今日このごろ、ちょっと一泊湯を楽しみに、という方必読。『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』の新コーナー「ファーストクラス民宿を探して」で、西伊豆の超A級民宿が紹介されています。

大人のためのファーストクラス民宿を探して温泉民宿 高見家(静岡県雲見温泉)

今号から「ファーストクラス民宿を探して」という不定期の新連載を始めたい。で、前号で少し説明した大和丸に行っても探していることにならないので、別の民宿に泊まってみることにした。

泊まったのは西伊豆、松崎町雲見にある「温泉民宿 高見家」である。

この雲見温泉というのは、おすすめの民宿が多いことで知られるエリア。ほかにも候補はたくさんあったが、「温泉へのこだわり」に注目し、この民宿をチョイスしたわけである。というのもこの宿、温泉は源泉かけ流しにこだわり、「日本源泉湯宿を守る会」の会員宿でもあるのだ。

実はこの会は、いわゆる「蒸気造成温泉」を温泉として認めていない。箱根大涌谷の温泉などは温泉ではないという立場である。こういうタイプの会は珍しい。 「蒸気造成温泉」とはどんなものかは、ここではひとまず置いておいて、また次号以降に解説したいと思う。

さて、まず予約。今回は当然ただの旅人なので、普通に電話をかけて、「あの~、1人の宿泊は受けていますか?」と聞いてみた。日にちを聞かれ、たまたま月曜日だったその宿泊希望日を答えると、「6畳間になってしまいますが…」とのこと。了解です、と予約成立。

当日は「スポーツ報知」の月1連載の取材で渓流釣りをしていて、しかも朝から全然魚が釣れず、昼飯抜きでどうにか3尾キャッチして仕事を終え、おなかを減らして宿にたどり着いた。到着は15時半である。

宿の外観はこんな感じ。民宿としてはこぎれいと言っていい

宿の外観はこんな感じ。民宿としてはこぎれいと言っていい

上の写真はわかりやすく全体を撮っているが、左右のゴチャッとしたあたりはまあ、ご愛嬌。この部分をカットして撮影すると、普通の旅館のようだ。

雲見は西伊豆エリアでももっとも南あたりに位置していて、国道から1本入った港の周辺に宿(大半が民宿だ)が集まっている。

チェックイン時に玄関口で、1階にある男女別浴場のことと、玄関を出てすぐのところにある貸切露天風呂のこと、その貸切露天は石鹸やシャンプーが使えないことなどの説明を受けてから客室に入った。

今回泊まった部屋。トイレなしの6畳だが、廊下に出てすぐトイレがある

今回泊まった部屋。トイレなしの6畳だが、廊下に出てすぐトイレがある

客室に灰皿があったのでひとまずタバコを一服して一息入れる。ロビーにも灰皿があって、特に喫煙かどうか予約時に聞かれなかったので、おそらくどの部屋も喫煙は可能なのだろう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 元旅行誌編集長を唸らせた、伊豆の「ファーストクラス民宿」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい