「大麻小学生」報じた朝刊に「大麻の効果」を載せた朝日のタイミング

shutterstock_230249461 copy
 

最近、京都で大麻を使用した小学生に関するニュースが世間を騒がせましたが、その報道を掲載した同じ朝日新聞朝刊に「アメリカで合法大麻広がる」という記事が掲載されていたことをご存知ですか? 『辛坊治郎メールマガジン』の著者である辛坊さんは、この朝日のダブルスタンダードとも言える紙面構成を「間が悪い」と指摘。この「大麻の合法化」について、あなたならどう考えますか?  

朝日新聞、間が悪いわ

実は京都の「大麻小学生」の高校生の兄が逮捕されたニュースを伝えた11月12日、同じ朝刊の国際面に「合法大麻アメリカで広がる」っていう長文のルポが掲載されていたんです。社会面で「とんでもない話」として、若年層の大麻汚染のニュースを大きく報じていながら、国際面で「アルコールやたばこに比べ中毒や依存性が比較的低い」だの、「慢性の痛みや神経障害痛などに、大麻が効果がある可能性が示唆されている」だの書くってどうなんでしょうね。

 国際面の記事によると、アメリカ50州の内23州と、ワシントンDCで既に医療目的の大麻が合法化されているそうです。ちなみに、星条旗の星の数は州の数と同じ50ですが、首都のあるワシントンDCはどこの州にも属さない特別区ですから、行政単位としては51あるんですね。またアラスカ、コロラド、ワシントン(ワシントンDCは東海岸ですがワシントン州は西海岸にあります。釈迦に説法ですいませんが、ややこしい国ですね)オレゴンの4つの州は娯楽用の大麻使用を認めています。しかし医療用しか認めていない州でも、医者に行って「不眠です」と言えば大抵処方箋を書いてくれるそうですから、アメリカの半分以上の州で既に大麻は「合法化」されてるんですね。一応合法化を「」でくくったのは、今でも連邦法では違法に違いありませんから、連邦警察が摘発しようと思えば不可能でないからです。でもまあ、アメリカで通常の大麻所持で摘発って聞いたことないですけどね。

 さて大麻吸引に問題があるのか?

これについては私の大学時代の同級生の「イワオ君」が貴重な証言をしてくれています。彼は、私がバックパッカーでヨーロッパ、北アフリカを回ったことに触発されて中東、インド、東南アジアなどを長期旅し、そのために大学を卒業できなくなりました。アホです。でもその後コピーライターで成功し、今や岐阜県の大きな本陣の跡取りに納まってますから、結果的に人生の選択としては良かったんでしょう。彼はインド旅行から帰って来てこう言いました。

 「あのさあ、大麻って習慣性も依存性も無くて安全って言うよね。でもあれ嘘だと思うよ。インドで毎日大麻やってるやつと話しすると、やっぱりどっか変だよね。なんていうか、人間そのものが腐ってくるんだよね」

 だそうです。 

image by:Shutterstock

印刷する

 

著者/辛坊治郎
「FACT FACT FACT」をキーワードに、テレビや新聞では様々な事情によりお伝えしきれなかった「真実」を皆様にお伝えします。その「真実」を元に、辛坊治郎独自の切り口で様々な物の見方を提示していきたいと考えています。
≪無料サンプルはこちら≫

人気のオススメ記事

  • 「大麻小学生」報じた朝刊に「大麻の効果」を載せた朝日のタイミング
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい