国語指導のカリスマ福嶋隆史が語る「日本の国語教育に足りないもの」

fukushima
 

「ふくしま国語塾」での直接指導や多くの著作、メディア出演や講演会を通じ、子ども達の国語力向上のため尽力されている福嶋隆史さん。

現代における国語教育の問題点とは? 本当の国語力ってどんなもの? 国語を学ぶことの意義とは? 

福嶋さんの目指す国語の教育の未来とは?難関校受験生の親御さんはもちろん、全国の国語指導者にも是非知ってもらいたいことがある、と熱を帯びて語る福嶋さんのお話を、実際に授業に使われている横浜の教室でたっぷりとうかがってきた。

無料メルマガをかれこれ10年以上に渡って配信し続けている福嶋さんですが、今回満を持して有料のメルマガ『ふくしま式で文学・評論を読み解く!』を始められました。何かきっかけなどがあったんですか。

有料メルマガはやらないつもりだったんですよ、本当は。やったところで、手間がかかる割には絶対に儲からないと思って。……今も別に儲かってないんですけど(笑)。

ただ、私はこれまで20冊ぐらいの本を出しているんですけど、本を書く際に内容をちょっとでも難しくしようとすると、出版社から拒否されることがあるんです。それじゃ売れないからって。でも、そういう難しい内容のものって、少なからずニーズがあるんです。例えば、私がこれまでに出した本って、開成や桜蔭といった私立の最難関校、あるいは東大に入りたいという子には、簡単過ぎるという意見もあるんですよ。

だから「もう読者は少なくてもいいから、より専門的な内容のものを出そうじゃないか」っていうのが、今回始めたメルマガの最大のコンセプトです。そういうニーズに対応できるのは、有料メルマガしかなかったんです。

出版社から本を出す時って、編集者が必ず付いて、内容に関してアドバイスしてくれますよね。でも私にとって、その編集者がいないというのが、メルマガを自分で配信する一番のメリットだと思っているんです。もちろん、編集者が不在なことはデメリットだと思う人もいると思うんですが、私は国語教師ですから、文章を書くことは苦でもないですし、むしろ編集者は邪魔でしようがない(笑)。メルマガなら、価格とかも自分で決められますしね。

今回始められた有料メルマガですが、読者層としてどんな方々を想定されていますか?

層としては、難関校への合格を目指されるような子どもとか親御さん。……でも実は、実際に書いていて一番の対象と考えているのは、教師なんですよね。メルマガを読んでいただけると、そのニオイはプンプンしているんですけどね。「明らかに教師向けだろ、コレ」っていうような(笑)

ただ、最難関校を目指している子どもとか親御さんって、そういうのでも熱心に読んでくださるから、そういう方も一応対象には入れています。ただ一番の対象は、全国にある塾の先生。次に、学校に勤めている、やる気のある教師ですね。

photo01

 

福嶋さんは以前から、学校現場の授業の質の低下について、警鐘を鳴らしてらっしゃいますよね。

学校もひどいんですが、塾にもひどい授業をしている先生がいっぱいいるんです。専任のベテランの先生だったらまだ別ですけど、最近って個別指導が流行っているじゃないですか。あれって、つまり大学生なんですが、そのレベルってひどく低いわけです。そういう先生に読んでもらえれば、ひいては子どもの能力が上がっていくじゃないかと。

私が究極の目的にしているのは、子どもたちの能力を上げたいということなんです。それは日本のためでもあるんですよ……冗談じゃなくって。そのためには、先生の能力を上げないといけない。メルマガの配信を含めて、私がやりたいのはそこなんです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 国語指導のカリスマ福嶋隆史が語る「日本の国語教育に足りないもの」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい