なぜ少女はついていったのか? 探偵が見た「悪徳AVスカウト」の生現場

shutterstock_180942998 copy
 

探偵の目線から子どもの「いじめ」の実態に迫るメルマガ『伝説の探偵』。今回は、社会問題になりつつある「悪徳スカウト詐欺」の実態を、メルマガ著者のT.I.U.総合探偵社代表の阿部泰尚さんが暴きます。夏は「出逢いの季節」でもありますが、その開放的な気分になったところを狙った、AVスカウトや詐欺、ナンパのトラブルが後を絶ちません。子どもたちを守るために親が知っておくべきこととは…?

この夏の危険地帯と違法な組織

夏休み真っ只中のトラブルといえば、繁華街にいる「キャッチの問題」と「海水浴場などでの出会いから発展する問題」である。

特に少女が狙われている。

私は時折、繁華街を自主的なパトロールをしている。

忙しく働いていると、頭がフリーズしてしまうことがある。

こうした時、私はよく散歩をする。歩きながら、ブツブツと考えていると、次第に頭が整理されてくるのだ。

だから、頭を整理するための散歩に出るついでにランチをしたり、文房具や工具、物を作る道具を見たり買ったりする。こうなれば、意外と効率的に動くことができる。

つまり、パトロールはついでと言ってもいい。

というより、普段から観察力と周辺認識力が仕事道具となっている私は、普通に歩いているだけでも周辺の異変に気が付きやすい。

特に夏はトラブルが多い時期でもあるので、ランチのついでにブラブラとキャッチなどが出没しやすい通りを歩いてみるのだ。

また、現場の警察官にも知り合いが多いので、警察として関わりが難しいことであったりすると、私が紹介されているということもあるし、なぜかネットの検索で連絡が入ることもある。

キャッチが良く出没する場所は下記の通りだ。

新宿歌舞伎町

渋谷区道玄坂、宮益坂、文化村通り

渋谷区原宿駅前、竹下通り入り口、表参道までの通り

キャッチは複数のグループに「AV系」、「風俗系」、「詐欺系」と分かれている。悪質なのは、AV系のキャッチである。

掛け持ちのキャッチもいるが、3つの系統を全て足したようなキャッチもいるから、これが最もタチが悪いと言えるであろう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • なぜ少女はついていったのか? 探偵が見た「悪徳AVスカウト」の生現場
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい