まさかのトランプ当選に世界が右往左往。一番喜んでる国は何処だ

kitano20161111
 

これまでたびたびアメリカ大統領の行方についての考察を重ねてきた無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さん。今回、世界が仰天する選挙結果を受け、モスクワ在住の北野さんは、「トランプ当選を最も喜んでいるのはロシアである」と断言、さらにトランプ大統領の登場を喜ぶ国・悲しむ国それぞれの今後について、アメリカとの力関係も踏まえながら占っています。

トランプ当選を喜んだ国、悲しんだ国

皆さんご存知のように、トランプさんがアメリカ大統領選挙で勝利しました。今回は、「トランプ当選を喜んだ国、悲しんだ国」について考えてみましょう。

喜ぶロシア

喜んだ国、筆頭はロシアです。

2014年3月のクリミア併合以降、ロシアは制裁下にあります。アメリカ、欧州、日本などが制裁中。つまり、世界GDPの半分以上から制裁されていることになる。さらに、原油安、ルーブル安で、ロシア経済はかなり深刻な状況にあります。

トランプさんは、最後まで「プーチンと協力したほうがいい」という姿勢を崩しませんでした。一方、ヒラリーさんは、おそらくトランプの支持率を下げるために、「トランプはプーチンに操られている!」と批判した。そして、トランプの「ボス」であるプーチンのことを熱心に悪魔化していました。だから、ロシア国民は、トランプ勝利を、心から喜んだのです。

おととい、ロシアの民放最大手NTVのニュースを見ていると、「トランプ勝利!」を伝える記者の目が喜びで潤んでいました。ロシアは、トランプ勝利を世界で一番喜んだ国でしょう。アメリカですら、ヒラリー支持者は悲しんだ。ロシアでは、「ほぼ全国民がトランプ勝利を喜んだ」と言えると思います。

喜ぶイスラエル

オバマ時代、冷遇された国の筆頭はイスラエルでしょう。オバマは、2013年9月、シリア攻撃をドタキャンした。そして、イスラエルからみると最悪なのは、2015年7月、イランと核合意した、要するにオバマは、イスラエルの宿敵と和解している。オバマ時代は、イスラエルにとってまさに悪夢の時代」でした。

トランプはどうなのでしょうか? トランプの娘のイヴァンカさんは、「ニューヨーク・オブザーバー」のオーナーでユダヤ人のジャレッド・クシュナーさんと結婚している。そして、イヴァンカさんは、結婚時ユダヤ教に改宗しています。ユダヤ人の定義は、「ユダヤ教徒であること」ですから、イヴァンカさんはユダヤ人。イヴァンカさんには、3人子供(=トランプの孫)がいますが、彼らも皆ユダヤ人。

トランプさんは、イスラエルのネタニヤフ首相とも非常に仲がいい。そして、トランプさんは、「われわれはイスラエルのために永遠に戦う!」と宣言している。だから、ネタニヤフ首相、イスラエル・ロビーは大喜びでしょう。

そして、逆に悲しんでいるのがイラン。トランプさんは、「イランとの核合意を破棄する!」と宣言しています。シリアに関しては、「アサドのほうがISよりマシ」という立場。「プーチンにISを退治してもらえ!」ということで、アサドはサバイバルする可能性があります。

そして、同じ中東でオバマに冷遇されたのがサウジアラビア。トランプさん、サウジアラビアには愛着がなく、日本、韓国、NATO諸国と同じように、「もっと金を出せ!」と言っています。

ちなみに、オバマさんが中東への関心をなくしたのは、「シェール革命」でアメリカが世界一の産油、産ガス国になったから。もはや「資源たっぷり中東は必要ない」ということなのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • まさかのトランプ当選に世界が右往左往。一番喜んでる国は何処だ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい