「あほくさ」が命を救う。大阪で「いじめ自殺率」が低い理由

shutterstock_522599002
 

昨年大ヒットとなったドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。本家は恋愛を扱った作品ですが、無料メルマガ『いじめから子供を守ろう!ネットワーク』では、この言葉・考え方は「いじめ対策にも有効」とします。今回の記事執筆者・こしがや じろうさんは、関西で編成された陸軍部隊の「合理的な精神を発揮して生き残る様」を紹介しつつ、いじめ被害にあった際にどう動くべきか、どう戦うべきかについて記してくださっています。

「逃げるは恥だが役に立つ」

「逃げるは恥だが役に立つ」というテレビドラマが話題となりました。同名のマンガが原作の、どうやら恋愛ものの作品だったようですね。しかし、そちらの方面には全く縁のない私にすれば、恋愛など他の惑星の話のようですので、内容に立ち入ることは遠慮いたしまして、言葉の響きのみを対象に、考察してみることと致します。

しかしこの題名は、なんとも意味深いものです。兵法的観点で考えてみると、「敵の大群・強敵に対しては、柔軟に対処する」ということになりましょうか。

たとえば、敵の大軍が現れた時に、そのままガチンコでぶつかれば、当然、全滅することになります。ですが、柔軟に考えて対応すれば、勢力を保ったままで、効果的に抵抗を続けられるということです。

これは人生全てに当てはまることだと思います。何に対してであれ、がちんこで正面からぶつかるだけだと、どうなるか。結果は、完全勝利か、こちらの敗北で全滅するかのどちらかになってしまいます。それよりも、巧妙に立ち回って、有利な情勢に導くのが大事です。なんなら少しぐらい逃げてもいいんだよ、ということでしょうか。

「逃げるは恥だが役に立つ」で私が思い出したのは、先の大戦で戦った関西で編成された陸軍部隊のことです。関西の部隊は、歴史的に「弱兵」として有名です。大阪編成の歩兵第8連隊など、「またも負けたか8連隊」と揶揄されるほどでした。もちろん、実際に8連隊が弱かった訳ではありません

しかし、現実主義の関西の兵隊さんたちが、「あほくさ」「やってられまへんがな」と、合理的精神を発揮して戦いに生き残る様を目の当たりにした、他の地域の武士道精神バリバリの「強兵」からは、「弱い」と思われたのかもしれません。

たとえば、「強兵」として有名な、九州や東北編成の部隊ですと、「死守せよ」と命令されれば、本当に全滅するまで踏みとどまって戦います。文字通り、全員戦死して部隊が消滅するまでです。

それが関西の部隊になると少し違っていたようです。日本軍が雪崩を打って敗退していたビルマ戦線のことですが、「死守」命令が出て全滅していたと思っていた関西の部隊が、ひょこっと現れて報告してくる、皆、驚いたことでしょう。単純に全滅せずに、後々まで戦ってくれて大助かりだったという、当時の参謀の記録が残っています。

勇猛果敢に大敵に立ち向かって、全滅するまで戦うのは、それこそ、誇るべき日本武士道精神でしょう。しかし一方、多少卑怯に見えたとしても、図太く長く生き抜いて抵抗をし続けるというのもそれもまた戦い方の一つであると思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 「あほくさ」が命を救う。大阪で「いじめ自殺率」が低い理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい