北朝鮮のミサイル開発が急成長、「いよいよ」なレベルに達している

shutterstock_496834213
 

以前は「ハリボテ」などと称され、世界中が笑い者扱いしていた北朝鮮のミサイル。しかし、「トランプ大統領が北朝鮮への攻撃を視野に入れ始めた」といった報道などからもわかるように、近年の北朝鮮の技術力の向上は目覚ましいものがあります。無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者・北野幸伯さんは、「開発中の大陸間弾道ミサイルが完成すれば、アメリカへの核攻撃も可能になる」とした上で、近く実現されるという米中首脳会談の主要なテーマを大胆予測しています。

北朝鮮ミサイル戦力の現状

世界が、朝鮮半島に注目しています。今回は、北朝鮮のミサイル戦力の現状」について知っておきましょう。出所は、BBCニュース3月13日です。

ミサイルの分類

まず、ミサイルについて、基本的なことをおさえておきましょう。射程距離で分類されるのですね。

ミサイルの射程

 

  • 短距離:1,000キロ以下
  • 準中距離:1,000~3,000キロ
  • 中距離:3,000~,5500キロ
  • 大陸間:5,500キロ以上

 

出典・米国科学者連盟(FAS)

(BBCニュース3月13日)

北朝鮮は、どのくらいミサイルを保有しているのでしょうか?

北朝鮮は現在、さまざまな性能のミサイルを合わせて1,000発以上保有していると考えられる。
(同上)

1,000発以上! 次に、その内訳と開発の歴史をざっくり見てみましょう。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 北朝鮮のミサイル開発が急成長、「いよいよ」なレベルに達している
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい