日台関係は揺るがず。台湾の日本人像を破壊した犯人とその後ろ盾

DCF 1.0
 

先日掲載の記事「台湾で最も尊敬される日本人。命がけで東洋一のダムを作った男がいた」でもご紹介した、台湾近代化のために命をかけて臨んだ日本人土木技師・八田與一(はった・よいち)。その功績を讃え、氏が建設に当たったダムの湖畔に台湾人により作り守られてきた銅像の首が切り落とされるという許しがたい事件が起こってしまいました。報道によると、犯人は中台統一を主張する政党の元台北市議とのことですが、メルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の著者で台湾出身の評論家・黄さんは、このような幼稚な犯罪で日台離反を画策してもかえって逆効果であるとした上で、民主国家台湾は揺らぐことはないと記しています。

【台湾】八田與一像破壊の裏に日台離反を画策する中国の影

台湾で「日台の絆の象徴」八田與一像の頭部切られる ダム建設指導の技師

八田與一の像が壊されました。ノコギリで頭部を切断したようです。このニュースの第一報は、事件発覚を知らせるもので、まだ犯人は捕まっていませんでしたが、その数時間後には犯人が判明しました。

d2464654

犯人のFacebookより

犯人は、元台北市議だった男で、女と二人で犯行に及んだとのことです。本人がFacebookで犯行を白状し、自ら出頭したようですが、案の定、中国との統一支持派で日台友好を快く思っていない輩です。以下記事を一部抜粋しましょう。

男は1958年生まれで、現在は台湾の急進統一派の団体「中華統一促進党」に所属。94年に統一派の政党「新党」から台北市議に当選し、1期務めた。任期中、市幹部を殴り起訴された。また、2016年には急進的な台湾独立派の団体の敷地に放火し逮捕、起訴されている。男は自身を日本統治時代の義賊になぞらえる発言も投稿。像の頭部を指すとみられる「八田さん」を、中華統一促進党の「党本部に届ける」などとする記載もあった。

台湾・八田像損壊犯は元台北市議だった FBで公表し出頭

この中華統一促進党というのは、台湾の三大マフィア組織の一つ、「竹聯幇(ちくれんほう)」の元幹部で、「白狼」という異名で呼ばれる張安楽氏が2005年に自らが総裁となって結成した政党です。

とはいえ、張安楽は台湾にいたのではなく、有価証券偽造などの罪で台湾当局から追われていたため、1996年から17年にわたって中国に潜伏していました。そして2013年に台湾に突然帰国し、台湾当局に逮捕されたのです。

伝説の大物マフィア「白狼」を逮捕・保釈 台湾

しかし、多額の保釈金を支払って保釈され、以後、中華統一促進党の活動を展開しているのです。張安楽は中国で逮捕されたわけでもなく、中国潜伏中に中華統一促進党を結成しました。そのため、台湾の撹乱組織として中国政府の意向を受けている可能性は十分にあります。

実際、中華統一促進党は、旧日本軍の軍服を着て、民進党本部に「感謝状」を届け、民進党を「媚日」だと批判するパフォーマンスを行うなど、たびたび騒動を起こしています。

讽刺剧!“白狼”闯民进党总部 10人穿日军服(图)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日台関係は揺るがず。台湾の日本人像を破壊した犯人とその後ろ盾
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい