北朝鮮から聞こえる軍靴の音。危機感のない韓国を待ち受ける誤算

34266363225_e8550a72cf_h copy (1)
 

先日、安倍総理は訪問先の英国での記者会見で「現状では6ケ国協議は再開できる状態にない」と述べ、挑発行為を繰り返す北朝鮮を厳しく非難しました。メルマガ『国際戦略コラム有料版』の著者・津田慶治さんは、中国は6ケ国協議を呼びかけているが、北朝鮮が核開発を止めるとは思っておらず、アメリカと水面下で「戦争後の体制」について協議していると推察。いまだ可能性が捨てきれていない「第2次朝鮮戦争」と、それによって日本や韓国が受ける被害についても言及しています。

第2次朝鮮戦争の準備が始まっている

第2次朝鮮戦争の開始がいよいよ迫っている。米中が戦争後の勢力図を交渉している。戦争遂行と戦後体制を検討する。

0. 現状

北朝鮮は、失敗をしているが弾道ミサイル実験を重ねている。しかし、準備ができている核実験は行わない。中国から核実験を実施するなら石油を止めると宣言されているので、現時点は実験をしないし、できない

北朝鮮は、ピョンヤン市内でのガソリンスタンドすべてを閉鎖して、禁輸に備えた石油の備蓄を行っている。この石油備蓄ができたら核実験を強行することになる。それとASEAN諸国から石油の輸入を画策している。このため、実験ができるまでに1ケ月以上はかかる

北朝鮮の金正恩委員長は絶対に核・ミサイル開発を止めない。権威の象徴になっているので、止めると国内統治ができない。しかし、北朝鮮が核実験をしないと、中国は米国などに対話を呼びかけられるので、中朝には必要なことである。

しかし、北朝鮮は、放棄するはずがない。無意味な6ケ国協議をして、開発時間を稼ぐだけである。そして、これが北朝鮮のベストシナリオでもある。

このため、米国は6ケ国協議の開始として、北朝鮮の核放棄が前提であるとしているし、中国が核実験でも制裁をしなかったら、米朝交渉を開始して、核放棄をしなかったらハルノートを送りつけて戦争に突入する可能性もある。

1ケ月先と予測できる核実験までには、米国も空母3隻を日本海や東シナ海に展開できているはず。空母カールビンソンはそろそろ母港サンディエゴに帰還するはずが、延期して日本海に滞在することになり、横須賀の空母ロナルドレーガンは、現在4月末までに整備ができて、5月中には稼働できる。また、空母ニミッツがハワイにいたが、それも西太平洋に向かっている。ということで、5月中には3隻の空母が揃うことになる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 北朝鮮から聞こえる軍靴の音。危機感のない韓国を待ち受ける誤算
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい