交通事故死者の4倍。なぜ高齢者の「入浴事故死」が多いのか?

shutterstock_187639484
 

露天風呂に身を沈めながら、徳利の首をつまんで酒を一杯。呑兵衛なら一度は憧れるシチュエーションですが、実はこれが危険な行為だということをご存知でしょうか。メルマガ『『温泉失格』著者がホンネを明かす~飯塚玲児の“一湯”両断!』の著者で元大手旅行雑誌編集長の飯塚さんは、ただでさえ飲酒をしての入浴はリスクが高く、温泉に入りながらの飲酒などもってのほかと警告。さらに、高齢者の入浴事故死が、交通事故死の4倍も発生しているというショッキングなデータを紹介しています。

露天風呂でお銚子を傾けて一献、の危険

今号は少し真面目な話。

各地の温泉宿で、露天風呂にお銚子を載せた桶を浮かべて日本酒が飲める、というサービスを行っているところがある。 これは、酒飲みとしてはまさしくあこがれのひとつであって、雪のちらつく冬などはまったく最高の風情だ。

これまでこうしたサービスによる入浴事故の報告は聞いたことがないが、僕らのような立場の人間からすると、正直、推奨できないのが事実である。

そもそも飲酒しての入浴は相当にリスクが高い

というか、これまで何度も書いてきているように、入浴法を間違えると、お風呂に入ることそのものにも、かなりのリスクがある。

年間の交通事故死者は5000人以下になってきているが、入浴とそれにまつわる事故死者は、年間約2万人もいるとされる。

こうした入浴事故の多くは、「高齢者」で「」に、「熱い風呂で起きている。 直接の死亡原因は「脳卒中」「脳梗塞」「心筋梗塞」である。

入浴によって汗をかくことで血液粘度が増すと、血管が詰まったり、破れたりすることにつながる。 だから、入浴前後の水分補給が重要なのである。

高齢者に事故が多いのは、加齢によって血管が詰まりやすく、破れやすくなっているからであろう。

加えて冬は気温が低く、血管が収縮しているうえ、熱い湯に急に入ると、血圧が急上昇して、前述のような事故につながりやすいわけだ。 こうした血圧の急上昇のほか、風呂を上がるときにいきなり立つと血圧は急降下する。

血圧の急激な変化は、立ちくらみなどにもつながって、転倒事故にも結びつくことになる。 風呂上がりは、全身が水圧から開放されることで、血流が全身に回るようになって、その代わりに脳の血流が減る。 するとこれは脳貧血につながって、やはり転倒事故を引き起こすことも少なくない。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 交通事故死者の4倍。なぜ高齢者の「入浴事故死」が多いのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい