忘れ去られたら負け。お客様に自分を思い出してもらえる接客術

shutterstock_623359727
 

「忘れる能力が人を人たらしめている」などと言われますが、ショップの店員さんや営業職の立場にある人間にとって、お客様には自分のことを覚えていてほしいものですよね。無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』では著者の坂本りゅういちさんが、「お客様に自分をふと思い出していただける接客術」を記してくださっています。

思い出すきっかけ

お客様は、お店のこと、販売員のことを忘れます。どれだけ良い接客を受けたり、良い買い物ができたとしても、忘れてしまうものなんです。これはもう、人間だから仕方ないとしか言えないことかもしれません。

一説では、お店で買い物をしたお客様にアクションを起こして効果が高いのは、20~30日ほどと言われています。ということは、それ以上の期間が経ってしまうともう忘れてしまっているとも言えるのです。

ですから、販売員としては、お客様に思い出してもらう必要があります。

「あ、あのお店にまた行かなきゃ」
「そう言えば、あの店員さん元気かな」

と思い出してもらうきっかけがあれば、忘れてしまっているお客様でも戻って来てくれる可能性が生まれるからです。

その方法は沢山あります。よくあるDMや、電話などもその方法のひとつです。しかし、接客の中でそのきっかけを作っておくこともできます。

例えば、私の場合は名前です。「坂本龍一(本名)」という名前なので、テレビやラジオなどで、ピアニストの名前が出てくると、思い出してもらえます。実際にこれのおかげで、「この間、テレビで『戦場のメリークリスマス』が流れていて思い出したよ」というお客様もいらっしゃいました(笑)。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 忘れ去られたら負け。お客様に自分を思い出してもらえる接客術
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  •  まぐまぐニュース!・編集部だより・ちょい見せまぐ!・英語のまぐ!他、公式メルマガの配信元メールアドレスを順次変更しています。メルマガが届かない場合の設定方法など、詳細はお知らせをご確認ください。

    公式メルマガ読者の皆さまへ配信元メールアドレス変更のお知らせ

  • ついでに読みたい